Press "Enter" to skip to content

ホテヘルはホテルヘルスの略称でこち

盗撮も日常的に行われている

挿入長期出張に出発する前日
ですが、これが一方的な依存だった場合、たとえば男のほうが、言葉巧みに女性を馴しているなんちゃってSだったり、単に『ただでやりたいだけの人』だったり、単に『SMプレイが好きなだけ』だったらどうでしょう?『なんだよコイツ、うっとうしい!』ってことになってしまいますね。M女性はSMを経ると、そのような依存状態になりやすいようです。これは、たとえプレイだけといった、いわゆる割り切った関係が前提であっても、ある程度はそのようです。
人間機械じゃありませんから、いくら割り切るっても、スイッチを入れるようにはいきません。
しかし、男は、割り切った関係を前提としている場合は、だいたい割り切った関係のままで、そういう感覚にはなっていません。特に男性の場合、『精液を放出すると冷める』という悪い機能が付属しているので、そんな時は更に冷徹です。先に述べた馬鹿な例、おならの話だって同じで、女性がそれをさらけ出していいと感じていても、男性の方がそういう状態になっていなかったら、『なんだコイツ、下品な女だな』ってことになってしまうだけです。
れてしまい、次第に、ぎくしゃくして、ズレが生じてくるのです。現実に、プレイだけの関係のよ割り切ったのSMカッ違いが生ゆるルは長続きいしない事が非常に多いようです。それには、不倫であるとか、他にも色々な要因はありますが、ひとつには、このような理由が大きいからだと思います。
実際、私の元に寄せられた相談にも、その種の相談が多くありました。読んでみると、要するに、『ある程度SMをしてきて、M女性が、何か特殊なものを相手のS男性に求めているのだけど、相手はそれに応じてくれない』、というケースです。それは、S男性の感覚が、M女性のほうとズレている、求められるものを、うっとうしく感じていたり、邪魔くさく感じている、嫌だと感じている、面倒くさくなってきている、ということなんですね。
個人的な分析ですが、プレイだけの関係、割り切った関係というのは、このようになりやすく、短期間で破局を迎えやすいようなので、注意してください。要するに、きちんと『相互依存が成り立っておらず』、『一方的な依存になっている』ということです。それが恋愛の延長上のSMでは、当然、愛し合っているわけですから、普通は、ちゃんと相互依存になります。だから、SMは恋愛の延長上がベストだと思っているわけです。ともかく、SMには、何か特別なものが得られることがあるのは、まぎれもない事実だ、ということを、分かってもらえたでしょうか。そして、本書を手にとって頂いているような、初心者M女性の中には、まだ自覚はないかもしれませんが今述べてきたような、何か特別なものを求めている方が多いでしょう。そのことが理解できたら、一歩を踏み出すきっかけになりやすいと思います。

Sの責任

俺様独善主義公言サイト

先日、とあるS男性のサイトを読んでいました。普通だと、私はS男性のサイトっていうのは『何言ってんでえ、ばっかじゃねーのこいつ』ぐらいのノリで見てるんで、ほとんど他人のサイトを読んだりはしません。何度も言うように、SMってのは人それぞれですから、他人の思想を否定するわけではないんですが、たいていのサイトは考え方があわない、趣味が合わないので、読むだけ時間の無駄だから、普段は読みません。
詳しくは後述しますけれど、うちのサイトっていうのは、元々は、世間一般に存在するSMサイト商業ではなく、個人サイトのものが、ほとんどステレオタイプで、それが嫌でアンチテーゼのように作ったサイトですから、そもそも、あわないわけです。話がズレましたが、そんなわけで、普通は読む気もしないんですが、そこは割と、珍しく真面目なHPだったのです。が、それは第一印象だけで、読み進むうちに、どんどんいやになって、やっぱり気になる点があって、今回のコラムを、一発ずっぷりと書く気になりました。もう、奥までぐいぐい書いてしまいますよ。だいたいにおいて、サイトで立派な主張を語りたがるSに、ろくなものはいません。
ええ、うちのサイトも語ってましたので、ろくなもんではないです、ってことですか?……なんか墓穴を掘ってるような気がしてきたのですが、気を取り直して続けましょう。いや、まあ、ここでいう、ろくなもんではない、っていうのは、要するにSMはこうであると断言してしまう、『俺様主義を声高に主張する』サイトっていうことです。
うちのコラムは、『SMは人それぞれです』と何度も述べているように、あくまでも、私個人の暗好や考えを語っているだけであって、絶対論ではないので、そこのところ、ご理解頂けるとありがたいのですが。さて、多くの語りたがるSというのは、もう、実に立派な考えをもってらっしゃる。あまり立派なので、思わずふきだしてしまうほどです。その主張の中で、多くの割合を占める、非常によく見かけるのが、Mを調教する、立派な奴隷に仕上げる、巣る、といった主張です。

ペニスを包み込み奴隷プレイにされるんだよね奴隷プレイ

中には、一見、正論に見えるものもありますが、ちょっと考えれば大笑いです。
自分にとって、奴隷が『こうであったらいいなあ』というのは、要するに『俺はこういう女が好きだから、彼女がこうだったらいいなぁ』というのと同じで、誰にでもある空想、理想のようなもので、まあ、それだけであれば他愛のない願望のレベルです。男子高校生の願望程度なら、別にいいんです。ですが、こういった主張を声高に言い、現実にそう調教しようとするようになってくると、少し問題です。それは自らの価値観の押しつけに過ぎませんし、相手の人格を無視したものです。
相手がそれを望んでいるなら、お互いの暗好が合致しているから問題ないのですが、そんなことは、ほとんど無いでしょう。M女性に人格はいらない、というアホは無視して先に進みますが、だいたい、そういう風に考えている人間、そういうことをしようという人間は、これまで述べてきたように『Sという単語を免罪符にしている』タイプがほとんどです。要は、身勝手だったり自己中心的、自分勝手、もっと言えば何か欠け落ちている、人格破綻者が多いですね。そもそも、SMにおいては『ひとつの完成型をあらかじめ頭の中に持ち、そこに女性を近づけようとする』ということが、非常にバカバカしいことだと思います。
SMに入るときは、白紙でないと駄目だと私は思います。M女性といっても、その人間は様々です。人格、自我を持つ限り、その人間にとって、どのような行為、行動等に、奴隷である、ご主人様である、という感覚を持つかは、人それぞれ違います。つまり、どんなことで『ああ、私は奴隷だわ』という風に強く感じるか、どんなことで『ああ、ご主人様だわ』と強く感じるかは、人によって全く違います。どんなことで快感を感じるかも人によって違うし、どんなことが嬉しいかも、人によって違います。
要するに、ケース·バイ·ケースであるから、やっていく中で、探っていかなければなりませんし、最終的な理想型も異なると思います。そういうのを、あらかじめ存在する枠に無理矢理はめ込もうとうするのは、バカのひとつ覚えで、えーと、つまりは、バカですね。
まあ、補足しておくと『確固たる俺様スタイル』を持っていて、それを一種のビジネス的に活用している人というのも、性風俗業界にはいるわけで、そういう人たちのうち、何割かは『バカなことやってるのを分かっていて、あえてスタイルを固定している』ので、それはそれでいいんです。個人的には好きではないですが、それはそれでいいです。ここで批判してるのは、あくまでも、趣味でM女をひっかけてる、人間性がおかしい人のことです。
馬鹿の主張さて、上記のような主張をする人は、『奴隷は日常でこうでなくてはならぬ』という、決めつけを含んでいるケースが、非常に多くあります。
自分の思う理想型にはまっているのが立派な奴隷であるということで、そういう風にするのが蟻であるという主張です。
そして、その主張の多くには、立派な理屈が含まれ、そのようにするのがSたるものの役目である、責任である、というわけです。私がよく引っかかるのは、その種のSが『責任』という言葉を、非常におかしな使い方をしている点なのです。端的に言うと『あんた、それ、言葉の使い方間違ってるよ』という感じの使い方のおかしさなのです。こういうと怒られるかもしれませんが、経験的にも心理学的にも、世間のコンセンサス的にも、い、感情的で、言っていることがころころ変わりやすいし、言ったことにあまり責任を持ちません。というか気にしてません。そもそも『口にしたことには絶対の責任を持たねばならない』という男性世界の常識が、女性にはあまりないようです。

 

デリヘルに来たんだ

男のまっとうな世界では、そういうのは通用しません。普通、言ったことには責任を持たないといけない、という感覚がまっとうな男の常識的な感覚です。
そういうところの感覚のギャップが、男女で言い争いをすると話が通じない原因のひとつなんですが、それはさておき、そんなわけで、前述のようなSの責任という文章は、女性にとって大した重みを持たないかもしれませんが、男性的には、この『責任』ということを言っている、というのは、非常に重大なものとして捉えられるわけです。例えば、よく見られる理屈に、『M女性がSMにハマリすぎて、日常生活に破綻をきたすようだと困るでしょう。だから、そうならないように蝶るのがSの責任だし、そうなるのが立派なM女性だ』というものがあります。これは、かなり、あちこちで、よく見かける理届です。
いわゆる『僕はベテランSなので、調教してあげます』みたいなサイトを持っていて、何人か愛奴を持っている、そういう愛奴の調教状況を掲載している、なんてタイプの人に、この理論をよく見かけます。
これ、一見すると正論ですが、よく考えると、かなり知能指数が低い理屈です。この理屈をよく見れば見えてくるのは、その理届は自分に都合良く出来ている、ということです。なぜかというと、これは一見すると責任について述べているようですが、実際には責任を持つことについて述べているのではなくて責任の放棄を主張しているからです。あらかじめ線を引いておき、『これ以上は困るから、こうならないようにしよう』ということで、逃げの理屈です。
要するに、相手のことを気遣って言っているように見えますが、よく読み込むと『こうなったら自分が困るから、困らないようにしなきゃなぁ』ということで、自己中心的な理屈です。この理屈がおかしいのは、前提からして完全に間違っているということです。たとえば津波が来たら困るっていうのは、誰が困るかというと『我々』が困るんですよね。だから、『津波が来たら我々が困るから、津波が来ないようにしよう』って言ってるようなもんです。そんなこと言っても、そりゃSFな海洋コントロール装置でも無ければ、どだい現実には無理な話ですよ。それと同じことなんです。この理屈は『津波が来ないようにしよう』って言ってるのと同じです。
けど、現実には津波が来る可能性は常にあるのと同じで、SMとは軽いものではありませんので、どんなことをしても、日常生活に破綻をきたすようなことは、可能性としては常にあり得るんです。
完全に日常に影響を及ぼさないようコントロールすることなど、不可能です。どんなに影響を及ぼさないようにしようとしても、あらゆる性質のあらゆる人間がいて、あらゆる反応があって、あらゆる奴隷になるなりかたがある以上、ひとつの価値観の押しつけは絶対に不可能です。なるときは、なるんです。本当にSMが必要な人には、SMは生きるのに欠かせないことで、日常と切り離して考えることなどできません。『日常』と『性』が不可分である以上、それらは相互に影響を与え合うのですから、影響がないわけがありません。ですから、本当にSの責任ということを求めるとすれば、本当のSの責任というのは、第一に『常に日常に影響が及ぶ可能性があること』を、きちんと理解しておくこと、です。第二『日常に影響が及んでもいいと覚悟し、日常に影響が及んだときに、起きた出来事に対して、現実的な責任を持つ』ということです。むろん、これは理想論に過ぎません。現実は、そんなに簡単じゃありません。SMプレイにはまりすぎて、仕事がおろそかになってクビになったからといって、変わりの就職先を斡旋したり、生活の面倒をみてあげたりするのは、困難です。
けれど、これは、真面目なおつきあいをしているカップルで、男が『もしも相手を妊娠させたら、責任を取る心を持っているかどうか』というのと同じレベルの話です。そういうとき、どんな態度を取るか、あくまでも、心がけ、考え方、覚悟の問題ということで、大切なのは、少なくとも、出来る限り責任を取ろうとする心がけを持っていることだと、私は思います。一般的には、女性はあまり言葉に重きを置かないとされます。むろん全ての女性がそうではないでしょうが、だいた
遊びにも責任はあるもちろん、遊び程度のプレイというレベルのSMも否定しません。偉そうに主張するSたちの大半は、結局、愛する人間一人に本気で心の底からSMしているのではなく、要は性的欲求を満たすためのプレイ、遊び、といったレベルの人たちです。
そういう人たちにとって、SMはそんなに重要なことではないし、そこまで考えなくてもいいのかもしれません。考え始めると、重すぎて大変だし、とてもじゃないけど、やってられません。でも、たとえ遊びであっても、それは『人として、考えが甘い』というか、おかしいのです。
昔から日本で言う本当に粋な遊び人というのは、自分のやっていることがどういうことかをちゃんと理解し、そこに含まれる問題、危険性などもきちんと理解した上で、納得して遊んでいました。痛い目にあっても、それは自己責任である、ということを、きちんと理解していたのが、本当の遊び人です。女性の絡む遊び、というか、他者が絡み、なおかつその他者との関係そのものが遊びになるという種類の遊びというのは、常に危険性がつきものです。本当の遊び人というのは、その危険性を納得し、時に自分に危害が及ぶ可能性も覚悟した上で、遊んでいたのです。

乳首を攻め続ける
たとえ、最初はお互いの合意で遊びのプレイをしたとしても、一度してしまったら、相手のM女性は、様々な面で本気になるかもしれません。そんなときに、軽い遊びのつもりでやっているので、あたふたして困ってしまうようなSは、結局、自分のやっていることを、全く理解していないのです。そういうことがあり得ないとは言えませんし、そもそも、『そういうことがあり得ないとは限らない』ということを理解していないほどバカなら、SMに手を出すのが間違いなのです。
『前提として、お互いに遊びだという合意をしていたんだから、本気になられても困る』という逃げ口上は、確かに正論のようで、論理的には正しいようですが、だからといって正論ではありません。なぜなら、SMというのは、どうしたって、メンタルな部分に深く関わる物事ですから、元々お手軽な存在ではないのです。それを、手軽に可能だと勘違いしてやるから悪いのであって、その時点で間違っているのです。麻薬の危険性を理解しないで、気軽に麻薬に手を出すのは、手を出すほうが悪いのです。あとから『遊びのつもりだった』『常用性があるなんて思わなかった』なんて言い訳しても意味がありません。一般的に、たとえば男が麻薬を常用していて、その世界に知り合いの女性を引き込んだ、という場合、強引に相手を引きずり込んだわけではなく、あくまでも合意の上だったとしても、責任は女性本人にもむろんありますが、引きずり込んだ方にもあるとみなされます。
それと同じで、『合意だったら責任はない』というのは前提の置き方自体が間違っている子供の理論なので、その時点で自分が悪いのです。自分が悪い以上は、責任を取らないといけません。SMというのは、そんなに軽々しいものではありませんから、ある程度は覚悟を持って本気でやらないと、痛い目を見ます。バカが考えなしに手を出すと、危険なことになりかねないのです。

失敗しないご主人様選び

相手を選ぶ

今回は、おそらく初心者M女性にとって、最も現実的に重要なポイントについて述べてみます。それは、いかにして相手を選ぶか、ということです。
インターネットで相手を探すとき、普通は掲示板や出会い系サイト、スマホのアプリなどで相手を募集すると思います。そうすると、よっぽど変なメッセージを書かない限り、あなたが女性でそういう掲示板に書いている、というだけで、ヤリたい男性からのメールが怒溝のごとく押し寄せることでしょう。むろん、ほとんどは、愚にもつかないなんちゃってSですが、それをどうやって見極めるのか、ということです。大事なのは、極めて慎重に、本当に慎重に、相手を選ぶことです。SMという特殊な性癖では、多少は大胆さがなければ、先に進むことはできませんが、『大胆』であることと『無謀』考え無しであることは違います。慎重にいかないと、心に傷を負ったり、日常に問題を発生させたり、大きな失敗をすることになりかねません。むろん、昨今ニュースになる、出会い系殺人事件なんていう、一般的なネットの出会いにつきものの恐怖も考えておくべきです。

 

今の礼儀作法や仕事

ただ、ことがSMの出会いとなると、どうしても性的なことが前提となるぶん、怪しげな出会いが増える、ということなのです。繰り返しになりますが、下半身にドライブされた男というのは、相当に非常識なことでも平気でやる人が想像以上に多いので、注意しましょう。話がズレましたが、とにかく、あなたがバートナーを募集したら、大量のメールが寄せられてくるでしょう。中には最初から何か勘違いして偉そうに命令しているメールやエロいことしか書いてないメールもあるでしょうが、そんなのは、まず、除外ですね。残りの大半は締麗事が書かれてると思います。
あまりに締麗事ばかりだったり、高飛車な目線で物事を言っていたり、自信過剰すぎるようなものは、うさんくさいので除いていいと思います。まあ、要するに、常識的におかしそうな人を除外するわけです。M女性は、だいたい、Sを求める時点でテンパってますから、ついついSであるということにこだわってしまうのです。どうも、そこで思考が普通の状態から変化しちゃってるんですよ。特殊なSというものを
探すというので、ついつい考えも特殊になっちゃってる。そこで、ちょっと深呼吸して、冷静になってみましょう。
これまで述べてきたように、まともなSというのは、人としてまともですから、一旦Sであるという考えを捨てて、基準としては『ごく普通に、まともそうな人』を探してみればいいのです。普通に友達や恋人を探すときと同じでいいのです。この段階で、かなり、数は減るでしょう。残りの中から、本当に自分にあったご主人様を見つけるには、どうすればよいのでしょうか。これから書くことは、あくまでも私と、私の知っているMの経験に基づくものでしかありません。ですが、あなたがこの書を読んでいるということは、だいたい、SMに求めるもの、その方向性は合致していると思います。
そして、私は、その方向性の人間であれば、必ずこれから述べることがありえる、と確信しています。超能力さて、では、どうやって見分けるか、ですが、答えは簡単です。ピンときます。あんまり間抜けな答えで腰砕けでしょうか?ヘナヘナですか?うーん、たぶんそうでしょうね。
自分でもこの答えはあんまりだなぁ、と思います。馬鹿にしてると思われても、仕方ありません。しかし、事実です。このピン!、こそが最も重要なのです。シンプル·イズ·ベスト。もう少し具体的に言えば、ピンとくる、つまり感じるというだけでなく、そういうときは勝手に体が動いてしまうのです。例えば、相手がSMサイトを持っていたとすれば、あなたは普段そういうサイトを必死になって読まない人なのに、なぜかそのサイトだけは必死になって読んでしまった。例えば、あなたは普段、知らない人にメールをしたことがないのに、そのサイトを読んだとたん、メールを書いてしまった。例えば、あなたは普段、知らない人にメールをするのは苦手なのに、その人のメールを読んだとたん、大急ぎで返事を書かなければいけない気がして書いた。上記のは一例ですが、勝手に体が動く、というのは、このようなことです。このような相手とは、例えば、ほんの少しメールで会話しただけで、昔から馴染んでいるような気がして自然と話せてしまう、などという現象が起きます。話しているだけですっかり馴染んでしまい、時には一度も逢わずに、すぐに甘えんぼさんモードに突入してしまうでしょう。

風俗営業法によって認可されています

フェラチオをして上げて男の人が喜ぶ姿を見るのが好き彼女がまだと言殺人というのは、少し極端というか、究極の恐怖ですが、そこまではいかなくても、SMというのはメンタリティに関わる部分が非常に強いので、変な相手にひっかかると、心に深い傷を負うということは、比較的多くあり得ます。物理的な意味でも、殺人ではなくとも、エッチの最中の写真や動画を無断でネットにアップされた、なんてレベルのことなら、つきあっている最中でも、リベンジポルノでも、普通にあり得ます(リベンジポルノとは、男女が分かれたときなどに、復讐のために相手との性交動画、画像などをネットに流すことです)。
以前も書きましたが、我々物書きは、常に向う側に無数の読者を想定して書いているので、ネットでもそれを想定していますが、一般人は、ことネットだと、何かリアリティを失う節があります。一度ネットにアップしたものは、一瞬で世界中に拡散され、ありとあらゆる人間の目に触れる可能性があり、死後さえもずっと残るというのに、その事実を、感覚的に理解できていないので、やたらと気楽にアップしてしまうのです。蛇足ですが、これはブログの構造にも同じことが言え、更新が気楽であるぶん、平然とプライバシーに関わる情報を載せている人がたくさんいます。いつも私は言ってるのですが、『もし、私が泥棒だったら、他人のブログを片っ端からチェックして泥棒に入る』と思います。
平気で『いついつから、いつまで留守にします』なんて情報をのっけている人がたくさんいるからです。
しかも、そういう情報を無分別に掲載するような考え無しの人は、他の部分を読めば、たいたいは、一人暮しであるかとか、住所はだいたいどこかなんて特定できそうな情報も平気で載っけているもんだから、これ以上、楽な泥棒はありません。一般人はネットだと慎重さを失いがちなので、注意しよう、ということです。脅してばかりだと、萎縮してしまうかもしれませんが、ネットの出会いには恐ろしいこともありますが、むろん、良いこともあります。私事ですが、はじめにでも述べたように、私は、ネットで出会った女性と結婚しました。これなんか、とても良いことでしょう?かつて、男女が知り合うきっかけは、同級生や同僚、それ以上に知人の紹介が一番多かったそうですが、現在では、一番多いのはネットでの出会いだそうです。だから、ネットでの出会い自体は、決して危険なことばかりではありません。


フェラチオをして上げて男の人が喜ぶ姿を見るのが好き彼女がまだと言 デリ嬢のお尻に回していた手に力を込めてセックス観をもっている男 潮吹きは男女二人デリヘル嬢がチェックしすので無いと帰られてしまうので注意が必要です