Press "Enter" to skip to content

潮吹きは男女二人デリヘル嬢がチェックしすので無いと帰られてしまうので注意が必要です

エッチできそうな直

錦糸町墨田区ピンサロ街とにかく、多くの人がステレオタイプに思い込んでいる『痛みが快楽に転換される』というのは、間違いなのです。痛いのを好きな人は、別に痛くないわけではありません。痛いけど気持ちいい(らしい)のです。あえてらしいって言ったのは、私は全くM性質がありませんので、感覚的には実感することができません。人に聞いた結果や、観察した結果から、推測するしかないわけですので、らしいと言いました。要するに、Mは痛くないのではない。痛いのは痛い、痛いはそのままあるけれど、そこに気持ちいいが加わるというか、追加されるような感じです。
『痛みが快楽に転換される』のではなく、『痛みに快楽が混合される』というような感じでしょう。
実際、これは特殊でもなんでもなく、ほとんどの女性が味わえる快感のようです。初めて、この『痛いけど気持ちいい』を味わった人は、相当びっくりするようです。『え~、なんで~、痛いのに、なんで気持ちいいの~?』ってカンジです。で、そういうことがありえるのを知って、次第に好きになっていくわけで、何も特殊な人じゃないんです。痛い痛いというM女性に『痛いなら、もうやめようか』『痛いのは嫌だから、一生やらなくていいね』と言えば、困ってしまいますね。要するに、して欲しいんですね。痛いけど、して欲しい、やめないで欲しい、全く無いと不満に感じる、というのは、『何かしらそこに魅力を感じている』ということを意味します。
痛みが転換されるわけではなく、痛みは痛みであるが、そこにまた、快楽もある、ということです。ま、要するに、痛いのが好きな人は特殊な階好の持ち主で、自分はそうじゃないから痛いのはいやだ、という認識は間違いなのです。痛いのは、痛いけど気持ちいいわけなんです。そして、ほとんどの女性誰もが味わえる快感です。熱さの刺激以上の話は、もちろん、あらゆるSMプレイにつきものです。たとえば鞭だけではなく、ロウソクも苦痛です。ロウソクは『熱い』です。M女性は、ロウソクが熱くないわけではないのです。
要するに、さきほどの『痛い』を『熱い』に変えれば同じです。熱くないわけではなく、『熱いけど、気持ちいい』のです。
これは何も、SMだから特別、痛い行為だから特別、だということではないのです。どうしても、普通のセックスは『普通』だから『普通』で、SMは『特殊』『特別』だと考えるから、『痛み』や『熱い』だけが特別だと思ってしまうのです。そこに共通するのは、要するに、それらが『刺激』だということです。肉体的には、普通のセックスでする前戯も、SMの『痛い』も『熱い』も、どれも同じく、神経に対する刺激なのです。普通のセックスだって、前戯に色々なことをしますよね。紙める、撫でる、あるいは軽く噛む、というのは、全部刺激としては種類が違うことですよ。
要は、普通のセックスだって、何種類も違う刺激を味わっているわけです。だったら、そこに、もうひとつ、新しい刺激が加わることも、同じ道の上にあるとみなせますし、それがたまたま『叩く』だったと思えば、同じ延長上にあっても全然違和感はありませんよね?どれも、同じ『刺激』なんです。純粋に『刺激』という風に捉えれば、どれも同じ次元の話であって、普通のセックスだから、SMだから、という違いはありません。刺激だけど、その刺激が快楽になるかどうかは、精神面が大きなファクターになっています。
たとえば、女性の肉体は、普段は刺激を受けるとくすぐったいのに、エッチな気分になっているときは気持ちいい場所がありますよね?(くすぐったいところはずっとくすぐったい場所もあるようですが)

その海綿体に血液
デリヘルの女性と話すセックスするという緊張がもたらした堰

熟女風俗嬢が回答現

股間にしゃがみ込みネロネロデリヘル嬢は乳首を転がしている慣れた仕草

いわゆる、肉体をサワサワ触られるような刺激の気持ちよさは、S男でも感じることができますが、あれはくすぐったい気持ちいいに切り替わっているというよりは、気持ちいいが上乗せさせれて、気持ちいいの度合いのほうがくすぐったいよりも大きい、つまり言葉にすれば『くすぐったいけど気持ちいいよお』という感じで『痛いけど気持ちいい』と同じですね。
あるいは、たとえば自転車に乗っているときに性器が刺激されているのに、それで感じる人はあまりいませんよね?(まあ、思春期にそれで目覚めた、という人も多くいるようですが)。でも、同じ刺激を、エッチなときに加えられたら、気持ちよくなってしまいますよね。ブラジャーに乳首がこすれる性感帯が敏感な人は、日常でそこが何かに触れる度に、感じてあえいでいたら、満員電車であえぎまってる痴女みたいになって大変ですけど、そんなことはないですよね?
で気持ちよくなりますよね?こ感じていたら大変ですが、エッチなとき、同でもエッチな気分のときは気持ちよくなるはずです。そんな風に、東刺激は、日常では単に大したことないくすぐったい『痛い』『熱い』だったりします。それを気持ちいいにするのは、ひとえに、『スイッチが切り替わっているかどうか』です。そのスイッチを入れるのは、もちろん、精神です。普通のセックスなら、エッチな気分になるときがスイッチが切り替わるときです。そして、おそらく、あえて言葉として表現するなら、Mのスイッチというのが、普通のエッチのときと、少しだけ違うところにあるのではないでしょうか。
でも、それはすぐ近くにあって、M属性がないと思っている女性でも、意外と容易に見つけられるのです。いや、近い、という言い方は比喰として正しくないかもしれません。
同じ延長上にあるのだから、同じところにスイッチがある、だけど、そのスイッチは2段階スイッチであり、普通のエッチでは、スイッチを1段目までしか切り替えてない、というほうが、より近いと思います。更にそのスイッチを2段階目まで切り替えれば、更なる刺激痛い、熱いも気持ちよくなるということです。もっと突き詰めて言えば、非常に極端な被虐性であるとか、極端な変態性であるとかいうのも、そのスイッチの先にあると考えられます。

それに拍車をかけて

極端に言えば特殊なフェティシズムやカニバリズム愛する者を食べる、ネクロフェリア(死体愛好)などというものも、その先にあると思いますので、厳密に言えば、スイッチは2段階ではなく、何段階もある、ということなのでしょう。
ただ、比較的に2段目あたりまでは、スイッチの動きはそれほど重くないが、それから先は非常にスイッチが重く、なかなか切り替わらないので、切り替えられる人間はとても少数で、その段階のスイッチは現代社会では異常とみなされる、ということでしょうね。相手次第以上、これまで話してきたことは、肉体的な快楽の話です。まあ、厳密に言えば、肉体的な快楽と精神的な快楽は不可分なので、分けて語るのはあまり意味がないのですが、なるべく肉体面に絞って、ということです。
精神面に目を向ければ、プレイ内容によって、メンタル面の快楽は異なります。
たとえば、流腸というのは恥ずかしいという『差恥』が快楽をもたらすという側面が強いし、いわゆる屋外プレイや露出などもそうでしょう。
一方で、叩かれるというのは、『被虐』や『服従』が快楽をもたらすという側面が強いでしょう。更に、『なぜそれが快楽になるのか』ということについて、精神的な説明もなされます。SMのメンタル面に関しては、色々と心理学で語られますが、それはあくまでも一般論であり、必ずしも正しくない、と思える面も多々あります。メンタル面に関しては、人間特有の心理構造以上に、その個体に固有の要素が最も重要だと私は思うからです。つまり、その人間が生まれ、育ってきた過程で刷り込まれてきたものが大きく影響する、ということです。
たとえば、何不自由なく両親に愛されて裕福な家庭に育った女性と、愛情がなくDVドメスティック·バイオレンスを受けてきた女性では、どっちかだけがMになる、ということはなく、どちらもMの可能性はあります。
確かに、DVを受けてきたような女性は、その裏返してMになることが多いというのは心理学でよく言われることではありますが、だからといって、Mが全てそうではないわけで、M女性たちがSMを好む精神面を、共通の論理でひとくくりに語るのは、かなり無理があると思うのです。まあ、SMの心理学的側面は、ややこしい話だし、それだけで本が一冊できてしまうので、あまり、本書で突っ込んだ話はしません。あとがきでまた触れます。私は心理学の素人ですが、個人的に好きで色々学んできたので、いずれ、心理に絞った本を書く機会があればいいなと思います。話がズレましたが、ともかく、だから初心者M女性で、痛いから嫌だなんていう人は、本質的に勘違いをしています。確かに、過去の経験で、痛かったのかも知れません。しかし、それは、相手が悪かっただけかもしれないのです。痛みについてくる快楽というのは、メンタルなものによって喚起される可能性が高いので、叩く相手が違えば、気持ちよくなる場合もあるのです。普通のセックスだってそうでし切り替わっているかどうかの問題です。SMだって同じです。要は、相手がスイッチを入れる作業を導いてくれるものなので、相手が駄目だと、スイッチが入らないこともある、ということです。

風俗で経験したい方セックスなんです

風俗で下着をつけて来るなんてさてはセックスに幻想を抱き過ぎていたんでしょうね

それを、過去の経験から痛いから嫌だと、頭から否定しまえば、試しにやってみることすらしないし、試してみなければ、可能性が開けることもありません。相手次第であり、まずは、試してみるべきです。それで、まずは確認してみて、やはり痛いだけだったら、ちゃんと話せて、やめてくれる、そういう相手を選ぶべきですね。
最後に、先ほどの二段階スイッチの話をしますと、せっかく二段目まであるのに、一段目までしか切り替わってない女性は『損』をしている、とも言えます。我々男性は、女性ほど快楽を感じませんから、女性を冷静に観察していると『あんなに、ものすごく気持ちよさそうで、女はいいなぁ』と思います。男性の脳で女性の快楽を味わうと、強烈すぎて気が狂うという説がありますが、確かに、そんな風に思えるほどです。そんな、男から見れば、すごく気持ちよさそうな、うらやましい快楽なんですから、人生、たっぷり味あわないと損です。
それを一段目で止めておくのは、とってももったないと思います。せっかくですから、勇気を出して、二段目に切り替える一歩を踏み出して欲しいと思います。相手次第で、よくないこともは、相手の肉体的なテクニックの善し悪しのせいではありません。メンタル面でスイッチがうまく寺ちよくもなれば、全然気持る。その理う?

サイト起動への道

サイトを作るさて、いきなりですが、あなたはSMサイトなどを作る人間をどう思いますか?
のっけから自分の行為を否定しているようですが、私は、やっぱり『SMサイトを作るヤツは、ちょっと変なャツだろうなぁ』と思いますし、『お友達になりたくないなー』と思います、自己否定です、すいません。では、なんでそーいう私が作ったのか、というような話を、これからボチボチと書いていくわけです。そういういうサイトを作る人間を否定するわけではありませんけれど、ただ、私の価値観としては、自分にとってはあり得なかった、というだけのことです。要するに、私はそーいう価値観の持ち主だということを、前提として、理解しておいてください。私は、性的欲求が強い人間です。はっきり言えばスケベだと思いますが、これは脳の性欲が強いという意味であって、理性や倫理観による性欲の抑制が効かない種類のスケベではありません。
嬢に抱きつきそのままゆっくり押し倒す下着の中へ

風俗雑誌で女の子を選ぶ場合

私は、そーいう人を『こまったちゃんスケベ』と呼んでいます。『こまったちゃんスケベ』というのは、相手構わずエロ話をしたり、既婚なのに誰とでもヤリまくったり、女房がいるのに風浴に通いまくったり、エロDVDを買いまくるよーな人のことです。
私は、基本的にパートナー以外には性的な話はしない方ですし、する場合も相手選んでします。スケベですから、Hなビデオがタダで手に入るなら喜んで見ますし、好きな相手に対しては好色になりますが、金を出してまでエロDVDを買おうとは思いませんし、風俗も行きません。ここで問題なのは、DVDであれ風俗であれ、見る見ない、行く行かない、ということじゃなくて、そういうことを公にするかどうか、つまり他人から見たときに、そういうキャラと見られているかどうか、ということです。例えばエロネタばっかり言ってるヤツ、ちょっとキャラ的にどうよ?って人、いますよね。そういうキャラクターの友人ばっかりが集まっているような場で、エロキャラであるぶんには問題ないんですが、場に関係なく、キャラが変わらずエロキャラであるタイプの人です。要するに、空気が読めない『TPOにあわせられない』生粋のエロ魔人ですね。そういうのは、駄目だろうということで、まあ、私の場合、エロといってもそういう種類のキャラではなく、友人から見た私のキャラは、まあ真面目です。生活というか性格というか、そーいう部分も、比較的、真面目で温厚です。自分で言うのもアレですが。
早い話が、性的なことを、ある程度以上、オープンにすることに非常に抵抗があるような、地味なタイプのキャラだった、ということです。
色々したいM女性の中には、真面目で自分の性癖を認められず、SMに強い欲求を持っていることに悩んだりしている人がいると思います。表向きは真面目な顔してあんまりセックスなんかしてなさそうな顔してるけど、実は裏では欲求が強い。表向きは、あまりエッチなことなんか考えてなさそうに見えるけど、実はそんなことばっかり考えてる。表向きは、セックスのときも比較的大人しそうなキャラに見えるけど、実はもの凄く感じやすくて乱れる。でも、その表向きの顔というのは、決して嘘ではないのです。その両者は、決して相反する要素ではなく、両立するものなのです。そういう欲求が強い人間が不真面目である、ということはありません。そういう欲求が強い人間は性的な倫理観もいいかげんである、ということはありません。そういう欲求が強い人間は価値観もおかしい、ということはありません。
そいうのは、本来、全く、無関係なことです。
ですが、世間では、スケベが悪いことであるかの傾向が少なからずあります。特に、世間的には、男はスケベでもある程度認められる文化がありますが、女があまりにスケベだと悪い、そんなところで、辛い思いをしている女性には、この話はきっと感覚的によ~く理解してもらえると思います。みたいな傾向が顕著です。さて、話が飛びましたが、そういう悩みを持っているのは、何も、女性に限ったことではありません。
女性のみなさんは、あまり想像できないようですが、男性にも同じような悩みを持っている男もいます。要するに、私はそーいう男だったということです。自分自身そうでしたから、自分の性癖を出せずに悩んでる女性のことが、よく分かるというわけです。これは若い頃の話ですが、私の場合は、要するに『好きな相手にはいろんなことをしたくなる』ので、まず、先に普通のつきあいがあったわけです。私は本来そーいう性質ですから、もし、相手が全くMに興味がなかったとしたら『実は俺、Sなんだけど……拘束していい?』とか言い出せなかったでしょう。本書の最初に述べましたが、SMの社会的な認知というのは、ここ十数年ぐらいで多少は変化しています。

セックスレスの痛みが番つらい時期チンポが痛いのだプレイをしない風俗店

下着の上からでも十分にわかるほど

今では真剣なおつきあいで、真剣に話すなら、一応、Sであるといっても会話としては成り立つ程度には変化しているかもしれません(ただしそれを受け入れてくれるかどうかは、また別の話です)。
ですが、私が若いころは、『S』という単語自体がポピュラーではなかったし、意味が通じない、そんな時代でしたから、余計に受け入れられにくいです。私の場合、単に偶然というか、たまたまというか、早い話がつきあってる相手『言い出しても大丈夫そうなタイブ』だったから、結果として、SMチックなことをすることができたにすぎません。そして、自分がしたい『色々』が、よく考えたら世間でSMと呼ばれるものだなぁ、ということに気づいたにすぎません。あくまでも、これは、何度書いても、非常に説明が難しいんですよね。私は、ホントに、要は色んなことがしたいだけの人だと思います。そういう人というのは他にもいると思いますが『色んなことしたい人』とSMがしたい人は、結果的に同じ行為をするんであっても、欲求のベクトルが微妙に違うというか、種類が違うと思うんですよ。
何度も述べたように、SMというのは『定義』でありフレーミングなんです。定義、というのは決めてしまうということで、それは己の視界、可能性を狭めるということです。SMがしたい男というのは、頭の中にSMという枠ができてしまっていて、その枠の中に収まるものだけがSMなわけです。SMがしたいわけです。それに対して、色んなこと、というのは、つまり性的に可能な行為全て、であって、必ずしもSMという範購ではないことも含まれます。
私は本来そういう人だと思うんですが、ただ、その色んなことの中に、例えば獣姦であるとか私個人はNGなこともあって、このNGというのは生理的にダメだとか興奮しないとかいうことですが、だからといってしたくないわけではないのです。『してはみたいんだけど、できない』ということです。このしてみたいというのは『脳の欲求としてしてみたい』という、一種の知的探究心であり、できないというのは生理的な拒絶です。『してはみたいんだけど、できない』というのは、完全な拒絶のできないではなくて、してみたいよりもできないの方が強くあるから、行動に踏み切れない、ということです。