Press "Enter" to skip to content

風俗で経験したい方セックスなんです

女子高生風俗嬢にそのまま腰に跨るように命じ風俗入りの彼女たちの金のため

エッチだなぁつえい
その認識は完全な誤りであり、まず、それを全て捨て去って、違う正しい認識を作り上げることが上達への道なのですが、それが出来る人は、ほとんどいません。それはなぜかと言えば、生まれ育って生きてきた何十年物間、漠然と、投資に対する誤った認識が構築されているからで、何十年も刷り込まれてきたことというのは、非常に強固で、覆すことがとても難しいからです。
その点、全く投資ということを知らない人は、教えたことを素直に吸収しますから、上達は非常に早いです。事実、昔から、相場師の間では『あまり学がない、経験もなく投資のことも全く知らない人に教えると上手になりやすい。学のある人間は駄目だ』と言われています。これと同じで、性的な事、SMというのも、漢然とながら、長い間、固定した認識やイメージが刷り込まれています。その上で、ハンパに経験を積むと、イメージや認識の固定は、より強固になります。それを覆すのは、それだけ難しくなっていきます。むろん、経験者が悪い、ということではないのですが、経験者ほど、柔軟になるためにはハードルが高くなる、難易度が高くなるのです。経験者は、有能な人間しか、いい導き手になれない、ということです。経験者に絶対的に必要なのは、第一に前述のような『経験者には障害がある』ということを『自分でハッキリ認識している』ことです。これは、SMに限らず、どんな分野でも、知的な人ならきちんと認識しています。だから、たとえば、本当に頭のいい人は、知的レベルが高い人が肉体労働を学ぶときでも、馬鹿にせず、知らない分野のことを学ぶときは、謙虚になって先輩の言うことをよく聞きます。
でも大半の知的レベルの高い人は、肉体労働を馬鹿にして頭で考えるので、うまく上達しません。正しい認識を持った上で、経験を積んでいる人は、なによりも優秀なのですが、現実には、それができる人間は非常に少ない、ということです。この認識がなければ柔軟性は生まれません。馬鹿な経験者だと、むしろ、駄目な可能性は高い、ということです。生まれつきの才能
いくら自分が好きな行為でも、相手が全然感じなかったら、面白くもなんともないですね。逆に相手がものすごく感じる行為だったら、楽しいでしょう。結局のところ、相手が悦ぶ行為、というのが自分の好きな行為になるわけで、それは相手によって毎回異なってくるのです。
だから私は『こういう行為が好き』というやつ、よくある好きなプレイは?という物言いはあまり言ってきませんでした。『好きな行為は、やってみないと分かりません』という感じ、あるいは『XXXさんとの時は、何々が好きでしたが、今度は分かりません』って感じです。とりあえず、最初は色んなことを模索してみつつ、お互いにその合致点を見いだしていく過程、いわば発展過程こそがSMの最大の悦びのひとつだと思います。で、その過程の段階で、Sが導かねばならない、のですが、そこで重要なのは『経験』ではありません。重要なのは、感覚的なものですので、非常に言葉にしにくいのですが、相手を観察し読み取る能力です。相手のことを分かることで、おのずと導き方は出てくるので、重要なのはこの分かることです。

勃起しないことです意識的

これは決して経験で培われるものではありません。いくらSMしたってダメなヤツはダメですし、ダメなヤツに限って経験に自信を持ってたりしますが、一度もSMしたことない男でも極めて優秀な人はいます。
これは一度も野球をやったことが無くても一躍名選手になる素質を持った人がいるのと同じ、一度も人を使ったことがなくても人を使うのに向いている人がいるのと同じで、その人が持って生まれた能力で、決して後から出来るものではありません。相手を観察し読み取る、というと論理的な感じですが、むしろ体で感じるというか、感覚的に伝わってくるもの、相手を感じ取る力です。なんか漠然としいて、フィーリング、という感じなのですが、あえて言葉にするなら洞察力と言うのが一番近いでしょう。経験の善し悪し、ということは、導く上で重要なファクターですが、導き方の上手下手、というのは、ある程度、持って生まれた才能に依存する、という部分は必ずあるでしょう。
どんな世界でも、才能は必要です。スポーツのように天賦の才能が非常に重要な要素になるジャンルもあれば、かなりの部分を勉強でカバーできて、天賦の能は少しだけでもいいジャンルもありますが、どんなジャンルでも、少しは才能が必要です。厳しい言い方になりますが、才能のない人は、いくら努力しても駄目、ことです。野球のコーチと選手の違いさて、これまで、野球選手という例をあげてみたように、Sをプレイする側という認識で話してきました。
SMプレイという行為をする、という意味では、確かにプレイする側なのですが、教え導くということが重要だと考えれば、Sは野球選手というより、コーチ、あるいは監督というほうが近いでしょう。SM場合、初心者女性が探すべきなのは、選手というより、むしろコーチや監督です。野球選手として優秀でも、その選手がコーチとして優秀かどうかは、全く別の話です。他人に教える才能、他人の才能を伸ばせる能力、というのは、名選手に必要な能力とは、全く別だからです。先に洞察力という話をしましたが、これは『教える相手をよく観察して、その相手に適した方法論を取れる能力』ということで、コーチに必要な能力ですね。
たとえば、日本の誇るプロ野球選手、長嶋茂雄は良い例です。彼は野球選手としてはまぎれもなく名選手ですが、長島語長島語録などと言われるように、しゃべり方が独特で、ボケをかますのが得意です。
野球のアドバイスについても、ここでブーンと!とかバーンと!とか擬音を多用して、何を言っているのがさっぱり分かりません。阪神の掛布選手に、電話で『バットを振って見ろ』とアドバイスして、どんな音がする?でも、彼は自分の中では、感覚的に分かっているのです。ただ、自分の中で分かっている感覚的なことを『他人に伝わるように、言葉として説明する』のが、ものすごく下手なのです。というより、彼の場合、それ以前に『それじゃたとえば電話じゃ人に伝わらない』という常識があまり分かってないふしがあります。

 

風俗営業ではない問

こういう人は、コーチには向いていません。長島が選手としては超一流だったのに、監督としてはイマイチバッとしなかったのは、選手として必要とされる能力と、監督として必要とされる能力が全く別の物で、後者に欠けていたためです。つまり、優秀なSになるには、コーチや監督としての能力が必要だし、その能力というのは、単に自分で分かっている、というだけでは駄目で、それを相手に正しく伝える(導く)能力が必要だということです。そういう能力は、一種の先天的なもので、あまり、訓練では発達しません。ある程度は訓練で発達しますが、それも、ハンバに経験があると、かえって伸びないことが多くなります。
まあ、そんなわけで、いまいち話がまとまってない気がしますが、言いたいことは、『経験と能力は比例しない、むしろ反比例しやすいので、本気で相手を探している女性の方なら、相手の経験にこだわるのはやめた方が賢明でしょう』ってことです。ブーンか、それじゃ駄目だ、ブワーンじゃないとなんて言ったという逸話もあります。マジです。
そういう部分にこだわっても、いいことはありません。そういう部分を重視するのではなく、そんな余裕があるなら人間性でも重視した方が、後々ずっと良い結果を招くと思います。

探究心とオタクの世界

生殖本能

SMは性行為です。男の基本は性欲、早い話がヤリたいという欲求です。しかし、このヤリたい、というのは非常にややこしいものです。女性の方の中には、『男って、なんであんなことやそんなことや、はたまたこんなことまでやりたがるけど、なんでそんなことまで~?』ってその欲求を理解できなかった経験がある人もいるんじゃないでしょうか。
性欲というのは生殖本能、つまり受精を目的としたもので、それには挿入し射精するだけでいいわけです。それも、生物として考えると、交尾中は無防備になりますので、早く終わるほどいいはずです。中には、時間をかけるほ乳類もいますが、あれはたいてい、射精時間が長いなど『受精する確率を高めるため』という理にかなった理由であり、決して『長いほうが気持ちいいから』ではありません。仮に、女性の性器を紙めたり刺激したりする前戯が、挿入しやすくする過程であり、受精に結びつくものとみなすとしても、いくらなんでも縛ったり拘束したり叩いたりするところまでいくと、さすがにそうは思えません。
つまり、そのような行為を喜ぶということは、生殖本能にブラスして、他の要素があると考えられます。そもそも、避妊してセックスをするというのは、生物としては摂理に反していますが、人はそれをします。なぜするかといえば、セックスが気持ちよくて楽しいからです。それは、完全に付加的な要素、種の保存という意味から見れば、完全に無駄な部分で、人間は、その無駄な部分を基本的に持っています。その部分が濃いのが、SMにおける男の性欲と思えばいいのです。余談ですけども、SMと普通のセックスの境界線はありません、と言ってきました。しかし、今述べた『前戯などが、生殖行為をスムーズにするものである』と定義するなら、そうみなせる範囲から完全に逸脱している行為が、普通のセックス以外であるSMだけでなく、他のフェティシズムなども含めて、と考えることもできます。

セックスを楽しむだけでなく風俗嬢を続けている女性たちだ
まあ、ただそうなると、どこまでが前戯か、という別の問題が出てくるんですが。さて、今『性欲』という表現をしていますが、通常の性欲というのは、あくまでも本能的な交尾に対する欲求を指します。ここで言う男の性欲というのは、そこに、他の色々な本能と、人間(男性)固有の欲求がプラスされたものである、という意味です。
そのあたりが、つまりはどういうものか、ということを、ちょっと考えてみましょう。探求心最近は、草食系男子だとか、セックスレスだとか、色々とややこしい男も増えていますが、男がSである確率が高いのは、本能的なものだと思われます。一番分かりやすいのは征服欲であるとか支配欲ですね。基本、セックスにおいては、女性が受動的で、男性が攻める側です。肉体的にも、男性が『刺す』という側であり、快楽面においても、男性はそんなにあえぎませんが、女性は何倍も感じますから、征服欲や支配欲が満たされます。これは同時に、男の自尊心が満たされることも意味します。SMの場合、この征服欲や支配欲がより強く満たされますが、原則としては普通のセックスでも同じことなので、ここでは、征服欲や支配欲といった欲求については、これ以上は触れません。今回は、もうちょっと軽い、別の脳みそで感じる側面を考えてみます。それらによって、まず、第一が探求心です。歴史上の偉人は性癖SMとは限りませんがのおかしな人が多かった、とよく言います。私は、これはあまりに当然のことだと思います。偉人というのは、やっぱりたいていは賢いのです。
現代社会における賢いは『おべんきょ~ができる』という意味で使われることが多いですが、もちろん、そういう意味ではありません。
特に日本の勉強は知識の量を計るだけであって、賢いかどうかとは無関係です。
徳川家康が豊臣秀頼と初めて会談したときの有名なエピソードがあります。このとき、家康は天下を平定し、豊臣家の跡継ぎで、まだ若者である秀頼を危険要素として見ていました。そのため、彼の人物を見極めようとしていたのですが、豊臣秀頼がバカだという風説に対し、家康は実際に会見してみて『めっちゃ賢いやんけ』と評価したそうです。家来が『貝が木になるもんだと思ってたんですよ』と言ったところ、家康は『ばかも~ん、それはお坊ちゃま育ちの単なる知識不足に過ぎ~ん。
賢いかどうかは知識量とは関係ない、知恵や知能で決まるんだ~、腹切って反省したのち仏門に入りなさい』と言いました。ま、ディテールが少々、いや、相当間違ってますが、おおむね、そんな風なエピソードです。家康はさすがに偉人だけあって、カシコイというのがどういうことか、よく分かっていました。極端な話ですが、どこかのジャングルの未開の原住民が現代日本の若者よりバカかといえば、私は正反対だと思います。彼らの方が、よっぽど賢いと思いますね。我々の社会における必要知識という偏った基準でしか賢い、バカだということを判断できない人間を、バカと言うのです。どんどん話が長引きますが、賢いというのは知恵や知能、思考能力のことであって、知識量ではない、ということです。

 

股間に伸びていましたデリヘル嬢お尻の穴もそして

男の固有のコレクター体質だとか、しょうもないものを喜ぶところとか、メカやギミックを喜ぶところとか、女性から見るとイマイチ理解できないけど、たいていの男の子に生まれつき備わっているような、そういう部分の話です。よく、男はいくつになっても子供だ、と言いますが、オタク的要素の基本はこの『子供』の部分であって、男の子なら誰でも持っているものです。世間で最もメジャーなのはアニメオタクでしょうが、私はカーオタクこそ最も怖いと思います。
アニメやマンガといったオタクは『世間でもある種疎まれていることを認識している』ので、相手を見て話す人が比較的多いです。
そういう意味では、彼らは気持ち悪いけれど、割と無害です最近はそうでもなくなってきましたが。ですが『車』というものは、なまじ世間で認知されているために、カーオタクは相手を選ばずに話すことが多く、そのぶん余計に手に負えないからです。彼らは、あまり世間ではオタクとは呼ばれません。車に凝るのは、それほど妙な趣味だとはみなされていないからですが、実質、アニメオタクと同じです。
はっきり言って、アニメビデオを集めているのと、何かというと役にもたたないのに車のバーツをやたら一生懸命交換したりする、何かというと盆栽を買ってくるのは、全く同じオタク次元です。全ては、子供が怪獣のオモチャを集めたがるのと、全く同じ、男性の染色体に刷り込まれている子供の部分から発しているものです。これが男の子マインド、男の子スピリットというものです。さて、そこでSMに目を向けてみましょう。SM、そこには、あらゆる道具があります。縄、蝋燭、洗腸、拘束具、クスコ、そして一般的なアダルトグッズにおいては、普通のバイブ、リモコン系、ローター、アナルグッズなどなどなどなど無数のアイテムがあります。しかも、多くはメカニカルです。これが、男の子マインドをくすぐらないと思いますか?。
おそらく、多くの男は、アダルトグッズショップのサイトを見ているだけで性的な感覚にたとえれば、女性はやたらとウインドウショッピングが好きで、あんまり買い物が長いので、男はうんざりしてきたりしますが、そんな風にウインドウショッピングが楽しいのと非常に近い感覚だと思います。
実際、アダルトグッズは無数にありますが、その中には明らかに、実用性を無視して作られているものが多数あります。どう無視しているのかというと、構造、発想、ギミックそのものが面白い、つまりは『男の子マインドをくすぐる』という点だけで作られてる、要するに『これ、単に面白いってだけで作ったろ』って物です。そういうのは、どう考えても役に立たないんですが、でも、うっかり買っちゃうんですよ、そういうバカさ加減が男の子の基本です。この面白いとは、実用性はないんだけど妙に男の子マインドをくすぐる、という、サンダーバードの発進シーン、サンダーバード秘密基地的面白さなのです。我々の世代には、このサンダーバードのたとえば、ものすごく分かりやすいと思うんですが、まあ、一部の世代にしか通じませんね。

アナルまで覗き込む

風俗で経験したい方セックスなんです昔、景山民夫という人が『東大生は日本一賢いバカ』と言ったことがありますが、たぶん核心を突いてる、と思います。いや、むろん、みんながみんなバカじゃありませんが(フォロー)。知識というのは、あればあるほどカシコイと思う人が多いですが、実は逆です。
知識は適切に用いる能力がない限り、誤った判断や行動を助長し、害にしかならない、というのは、別に私が言っているわけでなく、歴史上の偉大な人々の多くが述べているところです。もっと厳密に言えば、『知識』という言葉は『知恵』を含んでいる言葉であって、単に覚えているというのは、厳密に言えば知識ではなく、単なる情報記憶に過ぎません。偉人の中には、全く勉学のなかった人もいますが、だからカシコクなかった、ということはありません。彼らには、本当の意味での『知』があったのです。でも、賢い人間というのは、たいていどん欲に知識を吸収黒として、知識の量も増えていくのはなぜなら、彼らの探求心、向上心は強く、そうした欲求の中には知りたいという欲も含まれるからです。さて、探求心の強い人間は、出来る限り自分で検証します。要するに、何事もやってみないと気が済まない、わけです。そういう人だからこそ偉大な行為や偉大な発明をなしとげられるのであって、当然、性的なことに関しても同じでしょう。
つまり、普通の人なら『え~?、そんな行為は変態じゃ~ん』『そんなことするなんて、頭おかしいんじゃない?』って、頭から試しもせずにヒイて否定しちゃうのを、カシコイ人はそう思わない。先入観なく考えるので、『いったい、どんな感じだろうな』って思うと、試さずには気が済まない。だから、とりあえずやってみるわけです。で、実際にやってみたら、実は意外と気持ちよかった、楽しかった、だからそれが好きになった、ってことでしょう。
性癖だけでなく、偉人には日常的に奇行が多い人が多かった、とも言いますが、それも、これと全く同じ理由でしょう(一部は、やはり『天才は常人と少し頭の働き方が違う』からでしょうが)。そういうわけで偉人には性癖のおかしな人が多い、というのは、私は当然だと思います。凡人が先入観で試しもしないで否定するので知らない快楽を、彼らは先入観なく柔軟に試してみるから知っている、というだけの話です。仮にこの話に納得しなくても、初心者M女性の方は、この理属をよく心に刻んでおくと良いでしょう。この話は、SMに対する自分の欲求に抵抗を感じている人には、非常に心が楽になれる理屈です。自分はカシコイ人間だから欲求が強いんだ、と思えば、自分に対する言い訳ができるからで。初歩の心理的抵抗が強い段階では、この言い訳は強い味方になります。
探求心の強い人間は、とりあえず、色んなこと、なんでもかんでも、思いつく限りのことを、やってみたくなります。とにかく、あんなことやこんなこと、はたまたそんなことまでしてみたくなるわけです。SMに入り込むきっかけのひとつっは、このようなものだと思います。ただし、だからといって、逆説的にSはみんな探求心があって賢い、という論法は成り立ちませんよ、免罪符の恐怖でも述べたように、Sという単語には馬鹿を惹きつける要素があるので、バカはバカですから。オタクとSMの関係さて、第二がオタクな話です。
オタク、というと、ちょっと語弊があるのですが、いわゆる濃いオタク、というのは、いわば男性固有の性質のある部分が極端に強く出ている状態なので、ここで言うのは、その男性固有の性質の部分、つ
まりは、たいていの男性には共通にある部分の話です。


風俗で経験したい方セックスなんです フェラチオをして上げて男の人が喜ぶ姿を見るのが好き彼女がまだと言 愛撫に大いに活かす