Press "Enter" to skip to content

フェラチオをして上げて男の人が喜ぶ姿を見るのが好き彼女がまだと言

ピンサロ嬢のレベルが低いのを同列には論じられない風俗

アナルが好きな人には良いかもです話がズレましたが、とにかく考えつく限りの色々な行為からNGである行為を引いていくと、残る色々な行為が、たまたま、ホントにたまたまSMという範嚇に入ってしまう、という感じなのです。これね、たとえば、私はPCの専門家なので、プログラムなんかも教えていたんですが、今のゲームが作りたいという若い人に話を聞いてみると、要するに『RPGロール·プレイング·ゲーム』が作りたい、という枠ができちゃってるんです。で、もっと突き詰めて聞いてみると、それが『ドラゴンクエストみたいなものが作りたい』なんですよ。
みたいって言ってるけど、彼らは要は『ドラゴンクエストが作りたい』『ファイナルファンタジーが作りたい』なんです(全然ゲームを知らない人もいると思いますが、以上2つは代表的なRPGゲームのタイトルです)。全然オリジナリティがない。そういう人が非常に多いんです。こういうのが、SMがしたいと同じことなんです。一方で、もっとクリエィティブな人というのは、まず作りたいものがある。その作りたいものを色々と突き詰めていったものが、結果として、たまたまアクションだとかRPGというジャンルに分類欲求に従ってしたで、S自分い、わけではないんです。
い、される。更にシステムも既存のゲームに似てしまうかもしれない。けれど、それは突き詰めた結果として、たまたまそうなっただけで、最初にドラゴンクエストという枠が脳内にあるから、それしか出来ないというのとは、根本的に違う。

だから、作りたい物によってはドラゴンクエストみたいなものが結果的に出来てしまうかもしれないけれど、一方で作りたい物によっては、これまでのジャンルにはどうしても分類できないゲームが出来てしまうかもしれない。事実、今現在存在するゲームのジャンルというのは、そういう人たちが作った画期的なゲームによって、新しいジャンルが生まれてきたから存在しているわけです。結果は同じになるかもしれないけれど、内容や過程は全然違うんです。私が、結果、たまたまSMになっちゃう、っていうのは、こういうことです。この違いの感じ、わかりますかね?。ま、ここは本論じゃないので、わかんなくてもいいです、次いきましょう。
サイトを作るこのサイトは、ある種の心理的変化によって作る決断をしたわけですが、変化というのは、前述の言い出せないというような部分の変化です。以前の私であれば、もし、相手がSMに全く興味がなかったら、自分にこういう性癖があるとは言い出せなかったでしょう。しかし、心理変化後は、たとえ相手に嫌われるかもしれないと思っても、正直に打ち明けるでしょう。まあ、言うなれば、ちょっとだけ勇気を出して自分に素直になった、と言えるかもしれません。
要は、自分で素直に認めるか認めないか、の違いです。あ、さて、そのような形でSMしてきた私ですが、しばらくの間、色々なことがあってブランクがありました。いや、色々のせいでブランクが開いたわけじゃないので、単にブランクがあって、その間に色々あった、というべきでしょう。

愛撫に大いに活かす
ピストン運動したフ股間に目をやると膨間違っている

そればかりが頭にあ

デリヘルの面接を受ける気

ブランクってのは別に深い意味はなくて、前述のように私の場合は好きな相手にいろんなことがしたい、のであって、要は恋愛の延長上の行為ですから、好きな相手がいない間は何もしないわけです。どうも私は、具体的に好きな相手がいるときは、欲求が極めて強くなりますが、いないときは『あ~もうSMしてーよ~!、ちくしょ~!我慢できね~!』とはならず、別にしなくても平気みたいです。ま、そんなんだから、別にしなくてもよかったし、その頃は本業(ライター)
がやたら忙しくて、立て続けに著書を何冊も書いたりしていたので、その当時は、それはそれで充実してました。
ところが、次第に心理的な変化が起こってきたわけです。そのへんは、特に何かきっかけがあったわけではなく、経験変化というか、いろんなものの積み重ねというか、よく分からないけど、歳を食ううちに、ひとつのことを思ってきたのです。端的に言えば『パートナーが欲しい』ということです。まあ、人間、若い頃は一人で平気でも、歳をとってくると、連れ合いが欲しくなったりするのはよくあることです。私の場合はSM前提だからちょっと特殊ですが、それと似た感覚です。だからこのパートナーというのは、SMする相手という意味ではなく、公私ともにパートナー、つまりは嫁とか、まあ同棲でもいいですが、とにかく、ずーっと日常を一緒に過ごす相手のことです。で、そういう相手が欲しいとなったとき、私には性的なことというのが非常に重要ですから、そのことを抜きにしては考えられません。要するに、私の色々したいことというのを、理解して受け入れてくれる相手ではないと、だめなわけです。むろん、隠して我慢する、という道も選択肢としてはあるでしょうが、よく考えた結果、自分にはそれは無理だと悟りました。
じゃあ、SM込みで考えるとして、女性と知り合う場合の方向性を考えると、まず、『普通に女性と知り合って、そのあとに自分の性癖を打ち明ける』、という方向と『先に性癖の方をはっきりさせてからアプローチする』という方法があると思うんですが、いかんせん、性的なところが『濃い』ので、そちらからアプローチした方が、たぶん手っ取り早い、と思ったわけです。
そんなわけで、パートナーを探そうと思ったわけですが、いかんせん、当時は今のように出会い系サイトというのは少なくてまあ、今もほとんどはヤラセばっかりですが、ましてやSM系なんてのは限られた数の掲示板ぐらいしかありませんでした。無料のサイトと有料のサイトがありましたが、有料のサイトのほとんどは詐欺でしたし、無料のサイトで男性から女性にアプローチしても、ほとんど、選んで貨える可能性はありません。いかんせん、ネットの世界には『タダでヤリたいちゃん』の男性が溢れていましたので、女性には大量のメールが行きます、そういう中で、自分のメールをきちんと読んで貰える可能性は低いし、文字数の限られるメールで自分を表現する、それも他人と差別化するのは難しいです。

ペニスの付け根に当

そこで、考えたのは、『サイトで自己紹介しちゃえ』ということです。自分の考え、暗好、思想を書いたサイトを作れば、それがそのまま、自分という人間を表現した自己紹介という発想です。サイトになるだろう、
うまくすれば、それを見て下さる女性もいるだろうし、女性にメールでアプローチするときも、『このサイトを見てください』とすれば、自己紹介になる、と思ったわけです。そんなわけで、サイトを作ろうと思い立ちました。いや、自分でも、後から思い返すと、無謀というかバカというか、駄目な発想だと思いますが、結果として、その試みがうまくいって、見事サイトで知り合った女性と結婚できたので、結果オーライです。
そういう経緯ですから、極めて個人的でマイナーなサイトであり、サイトも無料で作れるところを選びましたし、別に、メジャーにしようとも思わなかったわけです。アクセス数なんかはチェックしてませんでしたが、アクセス数を増やすような努力もしてないので、ほとんど見ている人はいないだろうなぁ、と思っていたのです。ところが、まえがきでも書いたように、意外なことに、サイトを見て、賛同のメールをくださった女性が、結構多くいたのです。これは、正直、全くの想定外でした。あくまでも、こちらから女性にアプローチするときに、サイトという材料があれば便利だろうな、という発想だったので、頼みもしないのに、女性の方から自発的に読んでくれるとは思ってなかったのです。
そのへんの詳しい話は、個人のブライバシーにも関わりますし、十数年サイトをやっていたので、忘れていることもたくさんあるので省略しますが、彼女たちの同意というか賛同というか、読んで役だったと言ってくれる方が一定数いたからこそ、サイトの内容を書籍化しても耐えうるという自信を持てたので、今では誰だったかも分からない、彼女たちに感謝したいと思います。
サイト起動への道の続きさて、そんな理由で、私は、SMサイトを作ることにしたわけです。本書では話が続いていますが、元々、Webサイトのコラムでは、ここまでの文章が『前編』でした。本当は、続けて『後編』を書くつもりで『前編』を書いたわけですが、ここから後の『後編』を書くまでには、かなりタイムラグができてしまいました。その間に他のコラムをたくさん書いた後だったので『今更、同じように話を続けるのも、ちょっと妙』な感じになっていました。そのため、この後は、ちょっとノリを変えて、サイトを作るときの思想というか、そういうものを書いています。当時の私は本業も忙しく、サイトはいーかげんというか、別になにかデザインに凝ろうとか、そーいうことは全くないわけで、また事情もあって、改変のたびにシンプル化していきましたが、それでも一応は保ちたいコンセプトというか、雰囲気がありました。

愛撫に大いに活かす

それに越したことはありません

そこのところについて書いてみます。たぶん、真面目にSMのパートナーを探しておられる女性は、SMのサイトをたくさん見たりしていると思うんですよ。そうやって見ていくと、いわゆる出会い系のサイトや商業サイトは別にして、個人のS男性のサイトを見ると『なんだかな~、ちがうよな~』と思う人は多いんじゃないでしょうか。自分が見たいものと違う、自分はこーいうサイトを見たいわけじゃないんだよね~、と。ここまで書けば、もううんうんとうなづいて、電子書籍リーダーに頭突き食らわしてる女性もいると思うのですが、いや、いないですね、すいません。
例えば、代表的なS男性のサイトというのは、調教した写真をたくさん掲載しているとか、調教過程をスケベな言葉たっぷりに描写するとか、あるいは自分の暗好をさんざん語っておいて調教してあげます『おら、調教してやるぜ』と誘導しているとか、そういうものですね。ここのポイントのひとつは上から目線です。基本上から目線なんですよ。通常、常識から言えば、最終的に主従関係になるとしても、お互いの合意で奴隷になるまでは対等なのですが、なぜか最初から偉そう、これがひとつの特徴です。しかも、複数の奴隷がいることが多くて、そのくせ、いかに自分がその奴隷に愛情をかけているか示すかのように『愛』だの信頼関係だのと、単にボギャブラリーが貧困なんじゃないかと思うようなことをのたまっているのは、前述のとおりです。
もう、だいたいは、書かれていることと、やっていることが相反しているというか、理解不能というか『愛があって、なんで複数なんじゃい』とか『そんなに愛情あるのに、よく平気でエロいこと書いたり写真載せられるな』というツッコミは、もう言うだけムダってもんです。
人の愛情表現は人それぞれ、愛に関しての考えも人それぞれですから、100%彼らがおかしいとは言いませんが、常識的な平均ラインからは相当外れているというか、少数派なのは確かです。女性の方から見れば、自称S男性というのは、あまりにステレオタイプすぎて、『実は自称S男性というのは全員バカなんじゃないか』とか『みんな性格が異常なんじゃないか』と思っても不思議はありません。
正直、私は思ってましたし、自分がそういう人たちと同じに見られたら嫌だなぁあ、と思ってましたよ。思いませんか?ですが、実のところ、こうしたSサイトの傾向は、男から見れば非常に理解できるものではあります。なんのことはない、一般的な男の欲求を、愛とか倫理とか恥とか言った抑制を全部外してストレートに出した状態なのです。
開口している位置

股間がぐっしょりと濡れているのがはっき

そしてなぜ、SMサイトがそうなるかといえば、インターネットというのは、完全な匿名性を持って公に広く何かを表明できる、世界初のメディアだからです。その人間の正体が分かるかもしれない場では、とても言えない、出せないことが、インターネットでは出せてしまう。こういう場では、人はタガが外れやすくなります。2ちゃんねるなどという巨大掲示板やTwitterなどを見れば、完全な匿名性を獲得したとき、お調子に乗った人間がどうなるか、よく分かります。
これはインターネットの美点であると同時に、非常に無責任で倫理が欠如する行為を可能にしてしまうという点では最大のデメリットです。そのようなメディアに成長過程で無作為に触れ率で人間性に歪みをきたすであろうという、ネットの危険な面でもあります。すんません、話がカタい方にズレました、カタいのは下半身だけでいいですね。続けた人間は、かなりの確要するに、典型的なSサイトというのは、要約してしまえば、『ヘへ~ん、俺はこんな女(またはこんなにたくさんの女、こんないい女、こんないい体の)と、こんなにヤャッてるんだぜ~、ふふ~ん』とか『俺はこんなスケべなことやってんだぜ~、ヘへ~ん』という自慢、もしくは『ああ、エロい女ヤリてえよ、ほらそこの女、俺の欲求のハケロ(奴隷)
になってくれ』『ああ、俺の好きなようになるバカ女はいないかなぁ、AVとかエロ漫画で見たようなプレイを好き放題やりてえなあ』という感じのことを、オブラートに包んで、表現を変えて、表現したもなのです。
もっとも、オブラートに包んでいると思っているのは本人だけで、あまり、うまくオブラートに包めていないので、見る人が見ると、欲求が筒抜けで、すぐに分かってしまいます。それが、Sサイトを男が見ると気質な感じがする原因でもあるわけですが、持ち悪いんであって、

性には分かりにくいようです。

持悪いとこれは男性の分かるからこうるいや、これまで聞いた話では、女性もそういうサイトには不快感を感じることは多いようですが、なんとなく得体が知れないというか、男性ほど感覚的に気持ち悪い理由がはっきりと理解できるわけではないようです。まあ、とにかく、総じて、ダィレクトな表現で分かりやすく一言でいえば、分類するならほとんどのS男性のサイトは『エロという範膳に入ってしまう』ということなんですよ。しかも、こうしたサイトが始末に負えない点は、楽しんでいるのが自分だけ、という点です。

デリ嬢のお尻に回していた手に力を込めてセックス観をもっている男

セックスに近い状況だ僕

通常、いわゆる企業が運営しているエロサイトは、商業としてのエロサイトなので、それなりの存在意義があります。詐欺的なサイトは論外として、真面目なエロサイトというのは、『お客様に楽しんで頂こう』あるいは『お客を楽しませないと儲からない』という事情から、ちゃんとしたエロになっているからです。これは、エンターテイメントとしてのエロということで、エロの内容のモラルはともかくとして、商売としてのモラルも法も遵守しているので、ちゃんと大人の娯楽として少なくとも男性に対しては成り立っているのです。
だから商業エロサイトは良いのですが、自称S男性のサイトは、あくまで個人の欲求だけの自己満足なので、始末に負えません。女性が見て面白いとは思いませんし、かといって男が見ても、面白くないというか、たいていは不愉快です。分かりやすくたとえるなら、商業エロサイトがアダルトDVDだとすれば、自称S男性のサイトは、いわば『こっちにはゲイの素養が全く無いのに、目の前で男のマスターベーションを見せつけられている』ような気持ち悪さなのです。こりゃ、うんざりします。私自身、いろんなサイトを見てきましたが、この傾向に入らないサイトは、現在までも、ほんの少ししか見つけられませんでした。この件については、過去何人かの女性と話をしましたが、やっぱりみんな深く同意しておりました。
ただ、前述のように、そういうサイトが感覚的に即座に分かるのは同性の男性だけなので、一部の女性は、やはりそういうサイトに馴されるのも確かです。以上は、サイトを作った頃の話ですが、状況は、今でもそう変わらないと思います。もちろん、スケべはスケベで別に存在していいのですが、だけど、それだけじゃないでしょう。
SMはアダルトな題材ですが、アダルトジャンルであることと、エロであることは別ですね。真面目にセックスを考える本は大人の本で、アダルトに分類されますが、決してエロではありませんよね。世の中にはエロな本がたくさんある一方で、真面目にセックスを考える本もたくさんあります。日本は昔から性を公にはタブー視する文化が強かったので、性に関して考えることに消極的な傾向がありますが、性は
人生にとって非常に重要な一部ですから、セックスのことを真面目に考えるのは、絶対に必要なことだと思います。その一部にSMがある以上、それはSMに関しても同じです。男だって、ホントに真面目にSMを捉えている人間はいるはずだし、真剣に考えてもいいはずです。ところが個人のSサイトは、たとえるならエロな本しかない状態で、『真面目に考える本がない』状態なのです。