Press "Enter" to skip to content

愛撫に大いに活かす

処女であることが恥ずかしく

多い、ということです。旬述のように、こうした性格を自覚していない自性か常問題は勘違い野郎たちSという単語が言い訳になるというのは、他人に対してだけではなく、自分自身に対しても、なのです。
自分で俺はSだからという理由で、自分自身が納得しているのです。本当は性格が悪いのをSだと思い込んでるだけなのに、自分でも分かってないのです。こういう勘違い野郎は、別にSだけでなく、世の中に無数にいます。たとえば肩書きを自分の性格の正当化に使っているケースなどは、とても分かりやすい例です。横文字カタカナ職業に非常に目立ちます。クリエイター、ミュージシャン、デザイナー、ディレクター、プロデューサー、アーティストなどなどです。
本当は単に協調性がなかったり、独善的だったり、性格が悪いだけなのに『俺はアーティストだから、アーティストってもんは妥協しないんだ、自分の好きなようにやるんだ。妥協なんかできねえ』なんて風に自己納得しているパターンです。はっきり言って、自分でSだと思ってる人の大半は、こういうタイプの人です。ちなみに、私もずーっとフリーで仕事をしてきて、経験上分かっていることがあります。自分のやってることを自慢げに語る人って、どの業界でも結構いるのですが、そういう人は、たいてい、性格的に首をかしげちゃうような人が多いんですね。自分のやってることを自慢げに語る人は、だいたい、どんな業界でも『エセ』なんで、性格に問題があるんですよ。
クリエイティブ系では、素人があこがれることが多いため、そのエセプロに騒されるパターンが非常に多いのですが、これってエセSに腸されるバターンと、とてもよく似てます。
か『俺は映画撮ってんだぜすごいだろー』『俺は小説書いてんだぜー』『俺はマンガ描けるんだぜー』とか普通は言わないもんです。なぜなら、その業界のプロというのは、それが仕事なので、本人にとっては、それが、サラリーマンが会社に通って仕事をしているのと同じことなんです。ですから、本当のブロには、そもそも、自慢しようなんて発想は出てこないのです。自慢する自意識があること自体、その仕事が身についていないということだし、どこかニセモノなのです。
SMは仕事ではありませんが、この場合身についているというような意味では同じです。熟練だとか経験が必要なような世界においては、自慢する奴はだいたい駄目です、何事でも。必要以上に謙遜しろとは言いませんが、プロは謙虚でなければ向上しないので動まりません。それは、SMという世界における『向上』でも同じです。やってることを自慢しているようなSというのはだいたい駄目です。この場合の向上とは、SMテクという意味ではなく、人間性とかいう面での向上ですね。もうひとつ、追記しておきますと、駄目な人を具体的に挙げるとすれば、私が導いてあげます任せなさい的なことをやたらと主張する人でしょうか。
本当にちゃんとしたブロというのは、ミュージシャンでも映画監督でも小説家でも漫画家でも、『俺は音楽作ってんだぜすごいだろー』と当たり前です。

もちろん、たいていの初心者M女性は不安を持っているので、安心してもらうために、安心して身をゆだねなさい的なことは普通に言います。自分も言います。けど、それも程度の問題です。あまり過剰に主張したり、言ってくるような人間は、たぶん、性格は破綻気味です。社会常識にあてはめて考えて貰えば分かると思うんですけど、仕事でもなんでもいいですが、新人や初心者、素人に対して、優しかったり親切なのはいいのですが、あまりに過剰に優しい、異常なほど親切な人というのは、かえってアヤシイでしょう?
そういうことです。もちろん、以前コラムにも書いたように、何が正しいSM、というのはありません。だから、こうした人間が必ずSでないと言うつもりはありませんが、少なくとも私の考えるSではありません。基本的に、SだとかMだとかいう考えに縛られると、相手がおかしい人間なのかどうか、目が雲って理解できなくなりがちです。
SMに限らず、特定のジャンルや世界で、思い詰めて必死になってしまうと、普段は当たり前に思っている、当たり前に理解できるはずのことが、出来なくなってしまうのが人間という生き物なのです。そういうこときは、SだとSMだとかを基準に考えるのはやめて、社会の一般的な物事にあてはめてみて、考えてみてください。そうすれば、社会常識的に非常識かどうかなど、すぐに気付くと思います。SMプレイは、そこで行われる行為は常識的に考えるととても非常識なことです。

セックスレスの痛みが番つらい時期チンポが痛いのだプレイをしない風俗店

ペニスの血行を良く

セックスしてるっていう話はときどき聞くけど

プレイを楽しまずに早めにイク愛撫しに下りて行くSMは本人にとっては当たり前でも、世間の認識、いうのは、普通じゃない、つまりは常識的ではない、ってことです。だってそうでしょう?相手を叩いたり鞭打ったりローソク垂らしたりするというのは、通常は相手に苦痛を与える行為ですから、一般論としては非常識ですよね?でも、それは、『これは社会的には非常識であるが、そのことは理解している。その上で、二人の間では喜びであり、誰にも迷惑をかけるわけではないから良いのだ』という前提で、行っているわけです。一般社会ではSMは特殊な行為だということを述べましたが、特殊だとりな思考で前も極めて常トリところが、常識のないSというのは、この前提自体がないのです。『これは社会的には非常識である』という時点から、考えてないのです、馬鹿だから。本当のSというのは、極めて常識的な人間が多いです。
社会で生きているときは、極めて常識的で、社会的なモラルに厳しい、真面目なタイプが多いようです。本当のSには、大学教授や真面目な職業の人が多い、なんてことは昔からよく言われます。その理由のひとつは、SMが頭をつかうものだということにありますが、それだけではなく、Sというのは、日常の裏返しにある非日常ですから、対極となる日常が真面目なのは当然と言えます。たまに、『Sだと思って会ってみたら、通常の場面でちっともSらしくなかったんですが』なんてことを相談してくる人がいましたが、普段から日常生活でSらしかったら、傍若無人で身勝手でわがままな、ただの性格異常者ですよ、それ。
じゃあ、あなたは普段から、めちゃくちゃMっぽいんですか?それ変ですよね?って話ですよこのあたりも、また後で書きます。つまりは、本当に大丈夫なSかどうかを見分けるポイントは、極めて単純で、『社会的に見て常識的か、倫理観はちゃんとしているか』などというところです。早い話が、普通に『人としてまともかどうか』っていう部分を見れば分かります。Sだから特殊だなんてことありませんよ。女性に関して以上は、女性の立場を考えてきたアドバスですが、こういう非常識なエセS的な話は、実はMにも当てはまることです。つまり、同じように、Mのイメージに当てはまる性質は、色々ありますね。そういうイメージは、たとえば

一種の依存症

自意識の欠如

主体性のなさ自分というものがない
精神年齢が低いなどという性質、欠点とも言えます。
それを自分はMだからという魔法の呪文で正当化しているケースです。こういうケースも、かなりよくあるパターンです。ただ、この場合は、男性にとって、ある種都合がいいというか、そういう女性は、男の思うとおりになりやすい。で、問題が表面化しにくいのです。言いなりになる女が好きな男が多い、依存されるのが好きな男性も多いなど、男が受け入れやすいのただ、個人的には、本気のS男性は、そーいう女性とSM関係を持っても面白くないと思いますよ。しいのであって、最初から自分がない人に服従されても、嬉しくもなんともないでしょう。だからこそ、Mには、強い主体性が必要なのですよ。その上で、自らの意志で相手を選んでいる、そういう事実があるから、奉仕される方も嬉しいわけです。単純に服従するのが楽、服従したい、人に従わないと何もできない、というのであれば、相手は誰でもいいわけですから、選ばれる側の喜びもない。そんな人に服従されても、嬉しくないでしょう。だからこそ、M女性にも、普段はしっかりとした意志を持っていて欲しいと思います。それでこそ、立派なMだと私は思います。

愛撫をするワケではない乳首だから離婚されるんだ

フェラチオってどうする
ところで、女性に主体性がないというのは、浅いつきあいのときには、男性は、身勝手な男性であればもちろん、そうでなくても、まともな男性はある程度リードしたいものなので、それほど気にしないことが多いと思うのですが、つきあいが深くなってくると、次第に、障害になりやすくなります。一緒に暮らすなどとなるとそんな女性でもいい男性を見つけるか、それとも、自分を変える努力をするか、どちらかの道を行くしかないでしょう。だってSMの喜びというのは、しっかりした自由意志を持った相手が、自らの意志で服従してくれるからこそ嬉依存され3程度、女性に主体性を求じゃやってられない、的なこ。
のポイントはあります。いますので、そのあも、要注っぱなし思う人

Sの

イメージと現実

カリスマ性なんて幻想です

これまでも述べてきたように、SMの厳密な定義は存在しませんので、何が正しいSM、ということはありません。ですが、一般的に、それまでSMに触れたことがない女性は、ある程度、共通のSっぽいというイメージを持っている日が多いのも事実です。前項に書いたようなことを理解していないで、単純にこのSっぽいというイメージを信じてしまっていると、前項に書いた相談の方々のような目に遭うことが多いので、きちんと、認識を変えておきましょう。
さて、世の中には、単純に『気持ちよさそうなので、SMプレイというものを体験したみたい』という方も多くいらっしゃると思います。しかし、本書が対象として想定しているのは、そういう、遊び感覚のプレイを求める女性ではなく、恋愛対象などとしてSを求め、Sとの関係に一種深い精神的な繋がりを求めるような種類の女性です。
つまり、相手に信頼を求め、思いやりや優しさを求めるようなことですが、もしも貴方が思いやり深いような相手、愛情を持って接してくれる相手、あなたの心情を理解してくる、あるいは理解しないまでも、理解しようと努力してくれる相手を探しているなら、Sのイメージに惑わされないことです。前にも書きましたが、以前、M女性から『逢ってみたら、期待したようなSの雰囲気がなかった』みたいな相談を受けましたが、当たり前です。要するに、その人は何かカリスマ性みたいな、独特の雰囲気を期待していたわけですが、普通に日常生活を送っている人間なら、普通であたりまえです。日常から、そのような雰囲気が表に出てたら、M女性だけではなく、会社の同僚や上司、同級生にまで分かってしまいます。そういうのは、普通はただの変な人です。そういう場合、女性は自分のことを考えれば分かるはずです。じゃあ、あなたは普段からM女みたいなんですか?、と。Sが、そんな雰囲気を漂わせているなら、普通の社会生活そのものを送れません。そういうのは、単なる性格異常者か、メディアなどに露出するのでそのおかしさがウリになる芸能人などだけです。

風俗のパネルではほとんどの女性は顔を隠しているのだ

風俗業態を簡単に説

肉棒を濡れた花園に受け入れたピストン
よく、欧米の企業には『カリスマCEO最高責任者』なんていうのが居ますが、ああいうのは、冷静に社会を見る知的な学者からは『たまたま良いときに、良い場所に居合わせただけである』と言われるように、単に場を盛り上げるスピーチが上手なだけで、実際にはそんなカリスマ性はありません。
見る側がそう思って見るからそう見えるだけです。一人の責任者の力だけで、巨大な組織が末端まで丸ごと変わるというのは、あまりにもお気楽で現実を知らない人の発想ですし、そもそも、カリスマ性というものと、現実的な能力は全く一致しません。よく冷静に、彼らの講演などを見れば分かりますが、カリスマ性の要因は本人の脳内麻薬物質であり、演出であり、また、場の雰囲気であり、その雰囲気を作り出しているのは、その場にいる人々の、『この人はカリスマだ』という思い込みによる共通の幻想(共同幻想)に過きぎません(実験によると、猿に脳内で出る興奮物質や麻薬物質を注射すると、群れ内でカリスマCEOそっくりの行動を示すそうです)。彼らは、よく見れば、そのへんにいる、ごく普通の人間です。講演や発表会のような場では、オーラを発しているように感じられますが、もし、顔を知らない人がスーパーですれ違ったら、振り向きもしないでしょう。
つまり、何か特別なオーラを発信しているわけではないのです。Sだって、それと同じです。さて、ここからが本題ですので、めんたまかっぽじって……前にも書きましたね、これ。じゃ、鼻の穴かっぽじって鼻血出しながら読んで下さい。はっきり言って、私の思う正しいSとは、いわゆるSっぽい、というイメージからは最もかけ離れた、言うなれば真逆の人です。なぜでしょうか。私の思う正しいSとは、相手のことを愛し、考え、相手の心を思いやることのできる人なのです。
こういうと、あまりに理想的すぎるきらいはあるので、それが出来るかどうかはともかく、少なくとも、『相手のことをできるだけ考えようとする』人です。これは簡単そうで、非常に難しいことです。人間というのは、基本的に、あくまでも自分が第一であって、他人は二の次です。念のために言っておきますが、こういうことを言うと、事故で自分の身を犠義牲にして他人を助けるような自己犠牲などもあるじゃないか、と言われるかもしれませんが、ああいうのは、ここで言わんとすることとは違います。自己犠牲というのは、意外と多く、誰にでもあり得る行為なのです。その理由は、自己犠牲を行う人間は、死ぬ直前まで、自分は大丈夫と無意識下で思っている、つまり、死のリアリティというものを持っていないからなのです。
以前行動経済学の話を書きましたが、『人間という生き物は常に自信過剰である』という証明も、行動経済学や社会科学ではなされており、自分だけは例外(死なない)と思うのも、その自信過乗剰の現れです。よく考えれば分かるのですが、人は『自分だけは死なない』自分だけは大丈夫と常に無意識に思っています。
そうでなくては、悲惨な事故を起こす可能性のある自動車に乗ったり、喉に詰めて窒息する可能性のあるお餅を食べたりできません。生物として自信過剰でなくては、正常に生きていけないのです。まぎゃく
話がズレましたが、ここで第一、第二と言ってるのは、精神面での思考の比重として、まず、自分のことを考える、ということです。よくある言い回しに、強い人という言い方がありますね?肉体的に強い、という意味ではなくて、精神的に強い、という意味です。

風俗街でしたです

風俗なんて成り立
初心者M女性は、往々にして、自分が知り合った『S的なイメージのS男性』が、何事にも動じないタイプであると、その種の強い人だと誤解します。しかも、愛情深いとさえ思うという、なかなか賛沢な発想をします。的に、この『強い』という単語は、しばしば、『精神的な弱さや苦しさを表に出さない人間』に対して用いられます。しかし、ここが大きな問題なのです。私の知る限り、その女性の考えは、ほとんどが幻想です。『苦しみや悲しみを徹底的に抑え込んでクールな表面を保つ』タイプでありつつ、なおかつ、同時に『極めて繊細な神経を持っている』という人間は、アメリカ映画の中以外には、あまり存在しません。現実にはほとんど存在しないのです。
現実に、そのような強い人は、実は、『元々あまり繊細なことが理解できない』細かいことを感じないようにできている人が大半なのです。感じないから動じないし、それが強く見えるだけなのです。『元々あまり感じないようにできている』ことと耐えていることは全く違います。つまり、世間で一般的に、他人に対して言われる『強い』という表現は、実際には、感受性が鈍い無神経『鈍感』な人間を指していることが非常に多いのです。
ここまで言えば分かると思いますが、M女性の心情、精神を察するためには、男性にもそれなりの繊細さ感受性が必要なのです。そのような性質がなくては、相手のことを思いやることは絶対にできません。これこそ、私はSに絶対的に必要で欠かすことのできない最重要な要素だと思います。ところが、前述のように、いわゆるS的イメージの態度の人間というのは、実は『元々あまり繊細なことが理解できない』人間なので、そういう人に本当に繊細さ感受性があるかといえば、当然、ないのむろん、残念ながら、そんなことは、あまりありません。一般です。
彼らはどちらかといいわゆるなんちゃってSに出会い、つきあってみて、しばらくすると不満を感じるようになった多くのM女性の『愚痴』を読むと、明確に、相手がそういうタイプだと分かります。
々、感じないよ太い、厚顔無恥で方の人間なのです。繊細な感性を持ち合わせた人間は、たいてい、普段は大人しかったり、ナイーブであったり、穏和であったり、紳士的であったり、知的であったりするわけです。昔から、Sには知的な人が多い、と言いますが、知的な人というのはたいてい繊細でナイーブですし、文学者タイプが多い、などというのも、やはり同等の資質でしょう。自分自身がそうでなければ、他人の気持ちを思いやったりはできません。強い、弱いというのは、本来は、苦しみや悲しみを表に出す、出さない、ではなくて、いかに耐えうるかなのです。

フェラチオをして上げて男の人が喜ぶ姿を見るのが好き彼女がまだと言

風俗を追いかけるベ

繊細であれば、どうしても、表に苦しみや悲しみが出てしまうのは、当然のことです。事故や災害で身内を亡くした人などが、必死で生きているような姿は『強い』ですが、彼らはしばしば泣きますし、苦しんでいます。号泣することだってあるでしょう、当然です。それでも、その苦痛に日々耐えて、必死で生きてるなら、それが本当の意味での強い人なんです。そのような人間こそが、私の思うSです。ですから、女性のみなさんは、一度、Sっぽいという先入観や固定観念を捨てて、じっくり考え直してみたほうが賢明だと思います。そうすれば、間違った出会いをして、変な男に馴される可能性は、ぐっと減ると思います。
SMのもたらすもの

紳·信頼

SMパートナーを求める掲示板では、信頼関係『紳』といった言葉が、非常に軽々しく使われています。おそらく、スマホのアプリなどで個別に会話する場合でもそうでしょう。
普通、日常会話で、そんなことをいけしゃしゃあと、赤面せずに言える人は割と少ないと思うんですが、掲示板などだと、全く恥ずかしげもなく気楽に使用されています。でも、男性の立場からそういう文を読むと、たいてい、欺晴的に使用されているように思えます。要するに、なんだか、男の立場から見ると『嘘くせえな~、コイツ』ってのが非常に多いってことです。だいたい、SM系の出会い系サイト、出会いの掲示板などというのは、大手であれ、小さなフリーの掲示板であれ、自称S男性の書き込みが溢れています。それはもう、驚くほど、すごい数のS男性が溢れていますね。
掲示板ひとつとっても、あれだけの数のSがいたら、比率から言ったら、もう『石を投げればSに当たる』ぐらい、日本中、そのへん歩いている男性のほとんどはみーんなSなはずです。でも、現実はそんなわけはありませんから、ということは…まあ、要するになんちゃってSが大半であるのと、一人で複数書く人が多い、ってことです、おわかりですね?なんちゃってSですから、要するにヤリたいだけです、それも『タダ』で。セックスしたいだけです。
そのための相手をひっかける手段として『紳』なんて言葉を使っているわけです。ネットで知り合って、いざ会ってみたら、普通にセックスされただけで終わった、なんて話を頻繁に聞きますが、そういう男性が大半なので、当たり前です。ぎまんてきそんな風に、SMにおける『信頼』とか『紳』というのは、かなりうさんくさい印象を含んだ単語なのですが、同時に、だからといって全部が全部嘘でもうさんくさいわけでもなく、確かに、SMには何かがあるのは確かです。こういうのは、その人個人の感覚や性質に依存するものですから、絶対ということはありませんが、少なくとも、普通の恋愛には無い、何かが得られるのは確かでしょう。それを言葉にすると『紳』などと表現できるのも確かです。私の場合、SMありにしろ、恋愛の延長上ですから、日常的には普通のつきあいと変わりません。