Press "Enter" to skip to content

風俗のパネルではほとんどの女性は顔を隠しているのだ

セックスがどんどん肉棒を引き抜い

縛りにおいては、かつては『麻縄』が定番で、SMのイメージといえば、今でも麻縄のイメージがありますが、縛られる感触がハードであり、取り扱いが難しいため、ライトなSMにおいては、もう少し柔らかい縄などが使われます。
『首輪』が重要なアイテムとしてあげられます。これは、それ自体は肉体的な拘束の役目は果たしませんが、『奴隷』『服従』の象徴という意味での精神的拘束としては、拘束の一種として、大きな意味を持ちます。
ある意味、SMでは最も重要な拘束具と言えるでしょう。
また、肉体的な拘束の役目は果たさないと述べましたが、犬の鎖をつけて引き回したり、首輪についている金具と拘束具を繋ぐことで、物理的に肉体拘束具としても役立ちます。日本ではそれほどメジャーではありませんが、欧米では革やラバー、ビニールレザーなどの衣装がかなり重宝されています。総じてボンデージと呼ばれるものです。これらは精神的な高まりをもたらす意味でも、肉体的な拘束感を与える意味でも、重要でしょう。
こうしたスタイルを用いる行為は、海外では、SMではなくBDSMビーディーエスエム、ビーディズムと呼ばれることがほとんどです。BDSMとは、のBDとは、BondageボンデージとDisciplineディシプリンの略です。ディシプリンとは、巣や懲罰、調教などを意味する言葉です。バイブレーターやローターなど、様々なアダルトグッズは、ですが、拘束して身動きできなくしてから、快感をもたらすグッズで責め続ける、というのは、一種のSMプレイと言えなくもないでしょう。そういう意味では、快感をもたらすアダルトグッズは、全てSM道具とも言えます。一般的なセックスでも活用されますので、厳密にはSMグッズではありません。洗腸もSMの定番プレイのひとつです。
本文でもまた述べますが、世の中には、淀腸とスカトロを混同している人が多くいますが、スカトロプレイと流腸は別です。スカトロというのは、排池物晴好を指しますが、SMにおける淀腸は、むしろその過程となる、差恥心をあおる部分、苦悶に歪む女性の姿を楽しむ部分が主体と言えます。淀腸が好きだからといって、物や排濯が好きというわけではないのです。必ずしも排池『叩く』という行為も、ある程度定番と言えます。ただ、これは強くなればなるほど、苦痛は強くなるので、かなりライトなプレイから、ハードなプレイまで、色々なレベルがあるでしょう。叩く行為には、手で叩く、パドルのような平らな専用道具で叩く、鞭で叩く、など、色々あります。

ホテヘルはホテルヘルスの略称でこち

セックスを続ける

セックスしようとす

セックスを正しく学べる場所がない俗にスパンキングと言われたりしますが、これらの行為は、実際にはスタイルによって呼び方が異なり、『スパンキング』はパドルのような道具や平手で叩く行為を指します。鞭などで叩くのはウィッピングと呼ばれます。最もSMイメージを喚起するもののひとつは、ロウソクでしょう。前述のように、このプレイがメジャーなのは日本固有の現象と言えます。ロウソクは、SMのイメージとしては定番ですが、実際に行うのには、床を汚さないようにカバーしたり、飛び散ったロウの後始末が面倒なので、かなりマニアックなプレイと言えます。
他にあげれば、ボディクリップの類があるでしょうか。最も多いのは、乳首を狭んで刺激する乳首(ニップル)クリップでしょう。洗濯挟みなども代用に使われます。その他、細かいことをあげればキリがありませんが、代表的なsMイメージにおけるプレイは、こんなところでしょう。SMというのは自由であり、日常に存在するあらゆるアイテムが、アイディア次第でプレイに使えると言えます。しかし、これらは時代と共に変遷していくもので、必ずしも、どんな時代でも同じではありません。たとえば、近年では、電動で強い振動を与える電マ電動マッサージャーが性的遊具として、あっというまに普及してしまい、今やAVでも見ないことはないとさえ思えるほど、メジャーなグッズとなっています。
当然、電マを用いた責めも一般化しており、拘束とあわせるとSMプレイの一環と言えますが、これなどは、ここ数年~十数年程度の流行です。もっといえば、当然、電池もモーターもない時代には電動バイブレーターは無いわけですから、バイブなども長いSM史から見れば、『最近』のアイテムと言えます。
また、古くは『縛り』と吊るしは、かなりの割合でイコールでしたが、古い日本家屋が減った現在では、一般家庭では吊しを行うのはなかなか困難で、衰退してきているSM文化のひとつです。また20年もすれば、新しい定番プレイが生まれているかもしれませんね。個人的には、もっとコンピューター制御のアイテムが出てくると思います。

SMとは

観念編

何か慶味模糊としたSMSMとは何か。人それぞれです。
って言っちゃえばそれで話は終わりですが、まあ、人それぞれです。もちろん、前述したように、マゾヒズム、サディズム本来の辞書的な定義はあります。しかし、あらゆる形容は常に時代と共に、国と共に変化するものです。昔と今では『変態』の指す行為がアメリカと日本ではSMの内容が大きく異なるように、現在では、そうした定義は形骸化して大きく異なる、います。
Sはサディスト、サディズムのことですが、sというのと、サディストというのは、イメージが違いませんか?トな感じがすると思います。日本には、世界にも珍しい緊縛師なんてものがいたりもする変な国ですが、その筋の大家にもなると、『こうでなきゃいかん!』などという美学のようなものを持ってたりもします。自分でそう思ってるぶんにはいいんですが、それを人にまで強要するようになると困ったもので、単なるオッサンのタワゴトです。
無視していいです。
また、困ったことに、ちょっと変などと言われる人、特に、自分がちょっと変だよんということに妙な特権意識を持っているようなタイプの人間ほど、この種のタワゴトが多かったりします。話が、冒頭から30メートルほど横ズレました。いきなり結論ですが、正しい答えはありません。ここでは便宜上ノーマルな普通の性行為などという単語を使いますが、だいたい、性行為にアブノーマルというものは存在しないと思います。
まあ、確かに、スカトロなどは、私には理解不能な世界ではあります。いや、私も流腸はしますけれど、それはアナル攻めや差恥が目的です。
スカトロというのは、排池物そのものを好む行為を指しますので、私は別に排池物そのものを好きでやってるわけではないですから。ましてや、動物はもちろん、車のマフラーやハイヒールとやっちゃう人までいますしホントです、フェチには限りがありません。よく言うように、医者には、現実に、本当に様々なものをアナルに入れた人がようです(セレブの間で、コンドームに入れたネズミをアナルに入れるのが流行った、というのは、どうも事実のようです)。
普通の価値観からすれば、明らかに異常にしか思えない行為はたくさんありますが、それをアプブノーマルと定義してしまうのは問題です。そうなると、じゃあどこからがアブノーマルなんだ、という線を引かねばなりません。普通と言ったけれど、性的に潔癖症の人から見たら、縛るのだって、充分異常かもしれません。ノーマルとアブノーマルの境界線は、人によって違います。SMという単語が指すものも、人によって違います。おそらく多くの人は、サディストというと非常に暴力的な感じがしますけど、Sというともっとソフ来る例えば、次のような例を考えてみましょう。普段、普通の性行為をしているあるカップルが『最近マンネリぎみだね。ちょっと目隠ししてみようか』ということで、目隠しをしたとします。これはSMでしょうか。たぶん、多くの人はSMではないと答えるでしょう。では、『最近マンネリぎみだね。ちょっと縛ってみようか』はどうでしょう。

風俗嬢に恋してフラれて

風俗嬢や女性にフラ
手首を背後で縛るだけなら、SMでしょうか。じゃあ乳房まで縛ったらどうでしょう。股縄はどうでしょう。このへんになると、難しいですね。結構、人によって、答えが変わってくるのではないでしょうか?縛ったらSMだ、という人もいるでしょうし、そんなのはSMでない、という人もいるでしょう。手首ぐらいならSMではないけど、乳房までいったらSMだ、という人もいるでしょう。
ひとつ言えるのは、一般論として、おそらく、境界線となりやすい基準は、その行為が、通常は苦痛をもたらす行為であるかどうか、というところでしょう。たとえば、軽く遊び程度で縛るのは、まだ前戯の延長上で許されます。でも、ガッチリ本格的に縛れば、明らかに苦しそうで、普通、苦しいのに気持ちいい、というのはおかしいですよね。
叩いたり、ロウソクを垂らしたりするのは、明らかに普通は熱い、痛い、それが気持ちいいというのは、おかしいですよね。
そういうものは、SMとしてみなされやすいということですが、それでも、明確な境界線はありません。最近の日本のSMでは、特に『言葉で女性を恥ずかしがらせる』という差恥プレイがハバを効かせてますが、これなどは、いったいどこからがSMなんでしょうか?普通の性行為の時でも、ある程度は恥ずかしい言葉を吐く人って、結構いるんじゃないですかね?あるいは『露出』も差恥プレイですが、これって、SMなんでしょうかね?
人間というのは、『俺はラーメンに海苔が載ってないと許せない』とか『ゆで卵は半熟でないと嫌だ』とか、なんかもう、本当にどーでもいいことなんだけど、妙に細かいところにこだわったりする部分が、人それぞれ、ひとつぐらいはありますね。
それと同じで、人それぞれ、『これは私にとって恥ずかしい』というのもあったりします。例えば、私にとってどーしても恥ずかしい、許せないのは電車の中で漫画雑誌を読むことです。だから私がMだったら電車で漫画読めと言われたら、ああ、恥ずかしい、と感じてしまうかもしれません。世間一般のSMイメージからすれば、こんなのは絶対SMではありませんが、本人が感じていたら、その人にとっては立派なSMです。とっても馬鹿な例を出してしまいましたが、結局のところ、何がSM、という明確な線はないということを言いたかったわけです。人それぞれ、ここから先はSMだ、これはSMだ、と思う線は違うわけです。
は女王様用に作んだんですが、結構勘違いしているさいて、本たコスチュームをとゾクゾクするんなら、それでいいじゃないですか。
喜んでるMの人がいたりするそうです。これはこれで、間違いじゃないと私は思います。自分がそれを着て、ああ、私はMよ、肉体的苦痛に対して、純粋な快楽を得る人がいます。差恥心を煽る言葉に対して、異様な快感を感じる人がいます。拘束されることに、安らぎを感じる人がいます。ひたすら奉仕することに、悦びを感じる人がいます。早い話が『私の階好はどうもM(s)として正しくないような気がする、本当にマゾなんだろうか』などと悩むことはありません。それがあなたの中でM(S)と定義されるかどうか、というのが唯一の定義なのです。あなたにとって、自分の中でSMとみなされるものなら、それは間違いなくSMなのであり、それが好きなら、あなたはM(S)
なのです。しつこいよーですが、以前書いたように、このMとかSとかいう定義は、あまりよろしくないので、便宜的な言葉ですが、結局『自分の中で自分だけのものとして』いれば、それで良いのです。現実のSMSMは確かに人それぞれなのです。しかし、人それぞれだからって、相手がいることであり、法律が制定されている一般社会の中でやることですから、完壁に好き放題でいいというわけではありません。相手との関係の上で成り立つものですし、社会的倫理や法はきちんと守らないといけません。いくら露出が好きだからって、公衆の面前でセックスしたら、犯罪です。快楽のためなら捕まってもいいと考えているとしても、他人に迷惑をかけるのはいけません。

風俗で働く女性を徹

風俗以外の楽しいことをしてみる意識で生活してみてください
そこは、社会常識というところですが、いかんせん、自称Sには、その社会常識が欠如した人間が多いので、困ったものです詳しくは後述します。たとえば、いくら動物好きだからって、『これは俺なりのカワイがり方だー!』つって、動物を投げ飛ばすとか、壁にたたきつけるのは問題ですね、やっぱし。
それと同様、SMも相手のいることです。一人SMならともかく、いくら自分の中ではそれがSMだからって、相手がそれと同じ感覚を持っているとは限りません。
もちろん、同じ感覚を持ってればベストなんですけど、そんな理想の相手とはめったに巡り会えませんから、ひたすら自分の暗好に合う相手を探すか、さもなければ、相手の暗好に合わせて自分を変えていくことも必要です。自分にとっての方法論を、嫌がる相手にも無理矢理押しつけるのは良くありません。Mの人が、とにかく何でも虐待ならば喜ぶ、という人なら、好き勝手に押しつけても喜ばれるのでいいでしょう。でも、それだって、『相手がそういう人間である』ということを、きちんと理解している上で成り立つ話で、『たまたま好き放題にやったら、相手がそういうタイプだったのでうまくいった』というのでは、単なる偶然の産物ですから、やはり話になりません。
つまるところ、自分の中にあるSMと、相手の中にあるSM、その2つが完撃に合致すること、というのは、めったにないので、現実的にはすり合わせる作業が必要になるということです。もっといえば、相手にあわせて、自分の中にあるSMを変化させていく、ということも、必要なのです。それは、それほど難しいことではありません。少なくとも、私はそう思います。本書で述べるSMとは、愛情の上に成り立つ行為です。相手が悦ぶことであれば、自然と自分も楽しくなるのが普通だから、すり合わせというのは、ある程度、勝手に出来てくるものなのですね。とにかく、自分の中にあるSMは絶対に何一つ変える気はない、譲る気はない、頑固一徹である、なんていう人もいます。緊縛師も含めて、いわゆるSM業界における、Sを仕事にしているような人には、そういうタイブが多いようですし、職業として成立している場合は、それはそれでニーズがあるのですから、別に構わないとは思います。ただ、そういうタイそれが出来ない人間は、SだとかMだとかいう以前に、人間としての常識が欠如しているので、最低だと思います。います。
も、自分のスタイルをきちんで、プレイすへの人は、あで、相もそのちょっと話が蛇足になりますが、普通、この『相手がいることだから』という話は、人としての常識があれば、あえて論じるまでもない話なんですが、ネット社会、特に性的なことが絡むと、大丈夫じゃない人が多いんですよね。Hな世界でも、特にSMの世界には多いみたいです。常識はずれというか、常織がズレちゃってる自称Sの男性ですね。なぜかっていうと、SMという行為における表層と、男の本能、要するに女を好きにしたいという欲求が合致するからですが、このへんは、また別のところで詳しく書きますので、ここでは省略します。

人妻デリヘル嬢専門店というのもあり正直なところを出しているという意味で良いとは思います

膣の湿潤反応が起こる
とにかく、自称Sとは、Mには何をしても良い、何をしても喜ぶ、何でも言うことを聞く、何でも言うことを聞くから楽だ、普段できないことができそうだ、なんていう、単に、自分の好きにしたいだけの身勝手な人です。あるいは、タダでセックスをするために、Sを名乗ってる、はっきり言えば、簡単に好きにヤリたいだけで、実際はSでもなんでもない人のことです。このあたりも、別の項できっちり書きます。女性にとっては、-番重要な点ですからね。掲示板などで相手を求める書き込みをしてる人の大半は、こういうタイプだと見られています。
そういう人は、そういう思考ターンを持ってる時点で、もう人としての常識がズレちゃってるんですから、何を言ってもムダです。せいぜい、引っかからないように気をつけるしかないんでしょうが、そういう人に限って、いかにも相手に愛情を持っているかのように、馴すのがうまかったりして、女性も愛されてると思い込みやすいみたいですので、やっかいです。SMの出会いというのは、ある程度思い切り、大胆さがなくては、前に進まないのは事実だと思いますが、反面、女性は、慎重にも、慎重すぎるほどでないと、危険だというのは、きちんと理解しておきたいところです。非常によく聞く話ですが『Sだというので会ったら、単に普通のセックスされて終わった』というのならくれぐれも気をつけてください。

免罪符の恐怖

恐るべき魔法の言葉実は、この話しこそ、インターネットでのSMの出会い、を語る上で、一番最初に書かかなければならないことですが、ちょっと講路しています。なぜかというと、ほとんどのS男性の反発を買うだろうことが、目に見えるからです。しかしまあ、その一方で以下に書くことは、たぶん多くの男が俺のことではないと思って読むだろうというのもまた事実でしょう。
こういうのを『俺だけは違う症候群』といいます。この症候群の特徴は、自覚のないことです。自覚がないのが特徴なので、書いてる本人も、もしかするとそうかもしれません。……なんか墓穴を掘ってる気もしてきましたが………ま、いいとしましょう。……ん~何人かのM女性からメールで相談を受けてきたとき、全て共通してるのは、単純に言うと何かもめごとのようなことがか投げやりになったとか『別れ話を持ち出された』とかいうものです。これ、かなりボイントだと思うので、この話しを拡げていきましょう。特に女性の方は、心して読んで頂きたい。めんたまかっぽじって、目玉からダラダラ血を流しながら読んでください。起こったり、女性が真剣に何かを訴えたりしたとき、相手のS男性の態度が冷たくなったとSという単語こそは、実は男にとって、最高に都合のいい言葉です。
魔法の呪文と言ってもいいでしょう。なぜかって?いわゆるSらしい、というのが、どんなものか、ちょっと考えてみましょう。イメージとして、Sっぽい、ご主人様っぽい、というものは、例えば

態度がえらそうである

命令したがる

自分で決めて相手に押しつける

などなど、書くとキリがなくいくらでも続けられますが、三つもあれば充分、分かると思います。こうした特徴を世間の一般形容詞で置き換えると

自分勝手

身勝手

自己中心的などとなります。はい、そうです。実はSのイメージというのは、こんな風に、あまりよろしくない性質の人間の特徴と完壁に合致するのです。

ひとに言えぬ秘密の恋だけにまた苦しみました狂気の風俗

風俗に入って来る冬休みのバイト

こうした、本来なら決して良いとは言えない性格が『S』という一言で正当化されてしまうのです。魔法の呪文といったのは、こういう意味です。う~ん、便利でちゅね~。そうです、Sというのは、性格破綻者の免罪符となりうる形容詞なのです。

前述のエピソードで、何か起きるとその男性の態度が変わる、というのは、いさざとなると本性が見える、まさに、相手が実はこういう男だったからですね。そして、SMに信頼関係が重要なのは紛れもない事実ですが、どーいうわけかこういう人ほど『信頼関係がうんぬん』という欺晴をやたら口にしたがるようです。嘱しやすいからでしょうか?それとも、そう言っておけば、自分勝手な振る舞いに対しての反発を『俺のことを信頼してないからである』という理由で正当化できるからでしょうか?以前、M女性からこういう話を聞いたことがあります。S男性が『お前は奴隷なんだから、ホテル代はお前が払え』と言った、というのです。ギャグみたいでしょう?笑っちゃうけど、ホントの話です。これなんかは勘違いSの典型ですね。
男というのは、基本的に支配欲、征服欲を備えている、と言えます。まあ、すんません、こればっかりは、遺伝子に組み込まれちゃってんですから、どうしようもありません。はっきり言って、自分がやりたいときに、好きなようにやりたい、女を従わせたい本能は、普通に男性ホルモン濃い普通の男なら標準的にあると思います。その遺伝子をコントロールするのが人間性と呼ばれるものであって、そこにおいて『愛情』が大きなファクターになります。
言い換えると、何か起きるとその男性の態度が変わる、というのは、結局のところ、愛してないからだ、と言えなくもないと思います。まあ、もしくは、単に元々常識がないとも言えますが。その『愛情』の機能は、元々、その人に備わった遺伝形質であり、元々、人を強く愛せない人間も存在すれば、人を強く愛して止まない人間も存在します。Sというのは、単なる性癖という単語で済む物ではありません。Sというのは人間性そのものなのです。ここ、大事なところなので、繰り返しますが『Sというのは人間性そのもの』なのです。